Sunteți pe pagina 1din 125

ReadReal

園町'
!
1IC
IlIJ
!唱帽 Z 圃 圃 圃 圃 圃 圃 園

Japanese
6sho
rts
torl
esInve
rtl
calte
xtW
l1h
t
rans
laぬn
t sofall
1hecomple
xpas
sal's

Ja
pan
ese.
Enlll
shdlC
1lo
naryf
or
q
uic
klook
up,畑
lIore
dtoyourne
eds

N
01esex
plalnsu
btl
etl
es0
'nuanc,
e
usap, ,
lrammarandc
ult
ure
¥、
Fr
eeCDwlt
haudl
onarr
atl
ons
pe
げormedbyapr
ofe
ssl
onalaC
1re
ss

P
rof
lle
softh
eIndl
vld
ualwr
i1e
rs
plac
e1hest
orl
esIncon
1鰍t
PREFACE

百1
eph
rae“
s b
est
-ke
pts
ecr
et"g
etsonmyn
erv
es,i
npa
rtb
eca
use1u
sua
lly
turnfi
rsttot herestaurantreviewswhent henewspaperpむ a chutest hrough
ourmails l
ot,and出i soverdonee xpressionseemst oc ropupi ne verythird
revi
ew.Sometimes ,though ,yous im plyhavenoc h
o icebutt ouseit
.Take ,
forinstance,theJ apanesel an
guage.Y ou'veheardrumors ,nodoubt,t h
at
Japaneseisane xtr emelydi伍c u
ltl angu a
gef orEnglishs peake r
st omaste 仁

Impossi
b le,even
!W ell ,
restassured,fellowstudentーt hoserumors紅 ef als
e.
Oneoft h
eb est-k
e ptsecretsaround ,real
lyandt ruly,i
st h
atJ apan
e s
eisn ot
actu
allyallthathard .
Learningal anguag ,
e1woulds uggest,i
sl i
kejumpingonat rai
nw ithout
havinganyi deawherei t旨h eaded, ands tay
ingaboardu ntilyoug etthere-
wherever“ th
ere"is.Tripsoft h
iss ortcanbeab i
tunnerving ,sure,andw ith
Japaneseyouh avet ot ra
velal ongwayb eforethes ceneryst art
st ochange ,
anditcang etk indofb oringjustsi口ingt he
re,stari
n gblankl yatyourf las
h-
card
s.Th at
'st herub ,really-it
'sno tthatthel anguageish a rd,pers e,you
ju
sthavet ot akeyourt imegettingintoit,andt hat
'strueofanyl anguage
.
Japa
n esegrammari smuchs i
m plert hanthatofGermano rFrenchor ,
say,P
unjabi ,w
i t
hi t
sa rrayofnomina tive,ge
nitive,a
cc us
ative- da
tive,ins
t r
u-
mental,abla
tive,locativ
e,andv oca
t ivecases-onef ore ver
ydayoft hewee k
.
Andyouknowt hose“threewritings y
stems"youh ea rsomucha bout?Th at,
asourR ussianf r
i endssaれi sabunchofhoo ey
.J apaneseiss ow onderfully
funandr ichp rec
iselybecausei tmixe st hr
ees cri
pts- kanji,hiragana, and
katakana,thesecondtwoofwhichcanbel e
a r
ned, inapinch ,overal ong
weekend -i ntoas ingle,veryver sati
lew r
itings y
st em.Itt akesawh il
et o
lear
nt he1 945k anjiidentif
iedbyt heJ a
panesegovernmenta sa ppr
o p
riate

7
@
Ofc ou rse,
1don '
texpectyout ot ak
emywordf orit
.1hopeyouwon't- f
“org
ene
ralu
se;
'it
'
str
ue,andt
heA
sah
iShimbun,f
ori
nst
anc
e,u
ses66
th
isbooki so n
lymeantt otideyouo ve r山 1ωyour eacht hestag
ewhere moret hatare
n'tont h
isli
st;butwhenyoug etr ig
h tdownt oi ,
thowd i侃cult
youc ans aun
tercasual
lyi ntoaJ apane
s ebookstore,scant hetableofnew isi
tt olearn2011k an
ji,especial
lywhent hey'
rea llcobbledt oget
herfrom
rel
eases,andp ickoutabookt hatlooksl i
kej us
tt het hingyou'
rei nthe onlytwohundredsome- oddp ar t
s?E n
glish,a cc o
rd i
ngt oMashaB el
l's
moodf or.And ,ofcours,
e u
ntilyouh aveav er
satileenoughv ocabularyand spine-c
hilligU
n ndersta
nd ingEnglishSpel
ling,makesus eo fmoret han90
asubtleenoughs ens
eo fr ecenttrendsinJ apanesebookd esi
gnt ha
tyou spe
l l
ingr u
les,andeveni fyouhavet hes
edownp at(Ic e
rtainlydon
't)you
act
uallydoendupw ithwhatyouwant ,rathe
rt hansomethingt hatl oo
ks st
il
lhavet omemorizeo ve r3700i rreg
ular,irra
ti o
nal,and( tome)h ighly
ee
rilysimilartowhatyouwantb utt urnsouttobear e c
entlyretr
anslate
d irr
itati
ngs pel
ling
si no r
d ertobecomeevenm od eratelycompetenta sa
phil
osophi c
aln ov
ela boutvomito rsomes ucht h
ing. spe
llorーo rr a
the,
rspel
ler
.
官l a
ts aid,1hopeyouw illtakemywordf orit,asyous t a
ndattheb eg
in- Soyous ee,Ja
panesei sn
'tani mpo
ssiblyh ardl anguage.Th eproblem
ningofwhatmayw ellbear ath
ere xtendedcommitmento fenergyand stemsfromt h
ef a
ctthatitj u
stt akessomucht i met otrav
elfromh e
reto
imagination,when1s aythatt h
es t
orie
si nthi
sbooka reallver,
yveryg o
od. there,thetrainridegetso ldfas
t ,wes t
arttoh at eourf lashca
rds,i
fo nly
1hope ,too,tha
tyouw出 t rustmewhen1t el
lyout hatitwil
lbeb estnotto thereweresomef unwayt ow hileawayt hehou rs,abookt oread,perha
ps
shu
ffleth eorderofthestoriest o
omuch. They'vebeena r ra
ngedinwhat1 ...andt hatswhereR
' eadR e
alJ apanes
ee nterst hepicture.百lebookyou
bel
ieveisagoods eq
uence ,
inano rd
erthatmakess en
s ,
e l
ikeawell-pl
a n
ned areh ol
d i
ngi nyourhandr igh
tnowi sd es
i g
n edt obet hep er
fectreading
mea .
lWhichremindsme -Ioughtt oe xpla
ine acho fthec o
urses
. materialforyouont helinguis
tict r
ipyou'r
et aking:toh elpyouhavemore
fung et
tingwherey ou'
reg oing,andt ohelpyoug ettherefaste
r.
S
oupCo
urs
e
「世 '

Kamisama"byKawakamiHiromi

THESTORIES
百l
isi
sth
epe
rfe
cts
tar
ter
.Re
fre
shi
ngl
yli
ghtandf
air
lye
asyt
ore
ad,the Thesi
xst
orie
si nt
hiscol
lec
tionareal
la m
azing
.1s p
entmonthsputt
ing
prosehasad elig
htf,
ul humorousq uirk
inesstoitthatmatchestoaTt he
to
get
herali
stofca
ndid
atesforin
clus
ion,the
nmull
ingove
rt h
etit
le
s,tr
y-
wackines
soft heplot
-nott ha
tthere'
smuchofap lot
.
“Kamisama"i swhat
ingtowhitt
let heli
stdown.百l estor
iesa r
ea ls
ot o
tall
yc ontempora
r y:only
youmightc a
llan“i dea"pie
ce.Andt heide
aisg r
eat
!Y o
u'llfin,
d I
'ms ure,
one,KawakamiH iromi's“Kamisama; 'wasf i
rs
tc ol
lectedinabookp rior
tha
tito f
fer
sanu tterlyenjoy
ablei ntr
oductio
nt oafewd iff
eren
tv ari
eti
es
to2000;h alfofthemwerep ub
lishedbetween2005and2 008.Andt he
oflanguage-notablyt hepo
lite,evenceremoniousspeechoftheb ear(iぬ
authors,
whow rit
ei nallsortsofdiffere
ntl i
tera
rygenres-fromh orrorto
wacky,1t o
ldy ou!
)andt hew ri
t t
end earus ty
le.百lerearen
'tt oomany
fant
asytomysteryt oa vant-gardeexperimentalfict
iontochildr
en'sstor
ies
kan
ji,andt hegrammaryou 'll ear
nisu s
efullybas
ici nthesenset ha
tit
to...well,“lite
raryficti
on;'whateverthati s-areal
lmajorf igure,mas・
s
wi
llg i
veyouagoodf oundat
iont obuildupona syougoonandr eadthe
te
rsoft he
irc ra
ft,writerswhow il
lleaveyouwantingt or e
admore .百l ey
re
stoft hest
ori
es.
shou
ldn'tbes een,though ,a
sr epre
sentativ
eofJ apanesefic
tionbeingwrit-
A
ppe
i
tze
r tentoday,becauset herearej usttoomanyi n
credib
lew rit
ersproducing
unique,powerfulworksf oranys ixfigure
st orepresentthema l
l;d es
pite
Mukashiyuhinokoende
“ "byO
tsu
ich
i
the
irg re
ats tatu
re,t h
ism agnificentsixc ouldhavebeenaugmentedby
Ag l
anc
ea tOts
uichi
'sphotographte
ll
syout hathe'
sgoingtobec onf
ident anynumbero fo therwriter
s ,hadt heneedf orconcisionbeenl e
ssp r
ess-
andbold,andtha
t'
sp r
ecisel
ywhathei si nthi
ss t
ory
.“Mukashiy uhino in
g.Th edozenso fstor
iesanda uthors1hadt oc utfrommyo r
iginalli
st
koende
"complementst hecharmingl
yd e
sultor,
ywarm-and-fuzzyatmos- wereasfunande x c
itingast heo n
esy ou'reabouttor ead
.Contemporary
pheeof“Kamisama"v
r erynicelywi
thitscoo,
ldry,per
fect
lyin-con
trolbut Japane
sel i
terat
ureis,asyou'llsee,extremelygood.
@

9 PREFACE PREFACE 8
@
the
rearemorek an
j i,t
hev o
c a
bularyismorea dvanced“
(M ukashi同hino n
one
the
les
sgr
ipp
ingt
akeonh
orr
orーi
fth
at
'st
hew
ord
.Pe
rha
psi
tis
n't
.
koende"isaboutane l
ementaryschoolstuden
t,whilethenarrato
ro fth
is 百l
erea
renob
loo
dandg
uts
,af
tera
ll
,ju
sts
usp
ens
e.l
mpr
ess
ive
lys
tro
ng
sto
ryisincol
leg
e), 叩dy o
u'l
le nco
unterag r
eate
rnumbero fcul
tural
lyspe- s
uspen
setha
tla
st
srigh
ttoth
ela
stl
ine
.Thew
rit
ingiss
harp
,si
mple
,and
ci
fi
cr ef
erenc
es.“Hyakumonogatari"w i
llalsogiveyouano pp
ortunityto f
ocu
sedjt
heka吋iar
equit
ema
nag
eab
lejandt
hevoc
abul
aryi
seve
ryd
ay.
fam
ili
arizeyo
urselfwiththediff
eren
tstyle
sofs p
eechthatmenandwomen
oft
enu seinfiction-and,toane xt
ent,dependingont heageo fthemen F
ishC
our
se
~

andwomeni nque s
tion,i
nr e
all
ife.Yo
u'llfin
d,too,
thatitill
ust
rat
esb e
au- “N
iku
yaOmu"byI
shi
iSh
inj
i
ti
ful
lywhatagoodw ri
tercandow ithal anguageth
atd oesn
'trequir
et h
at
thesubj
ectofas e
n te
ncebee xp
lici
tlysta
ted. l
ts eemsab i
toddt oh aveastoryaboutab utche
rf o
rt hef
ishc ou
rse,but
thaswhatw
t
' e'
veg ottonig
ht-and1t hi
nkyo u'
lenjoyit.百li
sp i
ece,which
D
ess
ert echoestheplay
fulnessof“Karni
sama;'isagoodd ealmorep lot
-driven.
A
一一一『せp一 一 ー
wholelothappensinitseleve
npages.“NikuyaOmu"maybeal i
tt
lemore
K
“ a
ker
u"byTawadaYoko
demandingt h
an“ Kam is
ama;'too
:t heauthor,
Ish
iiSh i
吋i ,
usessomen ot-
Andf i
nal
ly-ad e
licio
uslit
tl
etas
te,j
ustam ou
t h
f u
l,ofani ncr
edib
lyrich, so-c
o mmonwords, to
sse
si nafewmorenews tyle
so fspeechfo
rust oget
di
zzyingl
y,daz
zli
nglymixed-ups
tory.
“Kakeru"ispurelin
guist
icpl
ay.Pe
r- usedto,andspic
esuph i
st e
xtwithas pr
inklin
go fka吋it h
atyoumayn ot
hapsyouc o
uldcompareittoatl
our
lesscho
colatecak
e ,
excepttha
tinst
ead havel e
arne
d.1t hi
n kyou
'lldisc
over,though,tha
tl e
a r
ningkanj
ibyr e
ad-
ofomi伏ingt h
etlou
r,TawadaYokol e
avesouttheplo
t.C o
mpletely
.Wow. ingas t
oryli
kethisisalotmoref unthans i
mplyp o
ur ingovertl
ashca
rds.
l
tm ightsounddi侃cut,
l butit
'sn
otー thi
sstorywasmadef orthelangu
age
stu
d e
n.I
t twasmadef oryou. M
eatC
our
se


- 一可 申 r

M
“ii
ra"byY
osh
imo
toBanana
Comet ot hi
nkofit,i
t
'se venodder-inf ac
tit'
sbeyondodd ,it
注e venatad
THESTRUCTUREOFTHEBOOK
gross-toh a
veas torya boutamanwhomakesmummiesf ort h
emeat
l
ft hestorie
sh avebeena rrangedl i
keas ix-
coursed inner,th ebooka sa co
urse.But“Miira'hasallthepuncho fagoods t
eak.(Orp erhaps,i
fyou'
re
wholeha s,moreo rless,thes tru
c tu
reo fat hree-r
in gcirc
us.l nthemain avegetari
an,ofar e
all
y ,re
all
ygoodt omato.
)YoshimotoB anana'swrit
ing
rin
ga rethestori
esjinr ingtwo ,notestot hestor
iesandaf ull
-tledgedd ic
- i
sh ar
d erthanmoste xp e
riencedread
e r
sthi nk
,butit旨w orthmakingt he
tio
naryc o
n t
ai n
ingeve rywo rdthatap pear
si nthesixt ex
ts,wit hthee xcep- ef
for
tt ofig
urehersentencesou.S
t heusesJapanes
ei nawayt h
atfewo t
her
tio
no fcertainpart
iclesandp ro p
e rnounS jandi nri ngthree, aCDw itha wr
itersdo,ski
llf
ull
ym eldingthepoeti
candt h
ec o
lloqui
al,preci
sedescri
p-
reco
r din
go fe a
cho fthes to
ries,beau
t i
fullyreadbyt heactressMatsunaga ti
onandunspokeni mplicati
on,theordinar
yandt helov
e l
yandt h
ep a
in-
Rei
ko. f
ulandt heprofound,andd oingital
linawayt h
atl oo
ks( butis
n'
t)a l
most
Ast h
et i
tleindica
tes ,th
ew h olei deabe h
in dReadR ea
lJ apaneseisto unpl
an ned
.Herw ritingh a
sitsown ,v
e ryp
articul
art l
avo
r .Takeyourtime
giv
es tudentsoft h
el anguageac ha n
c etoe njoy(ye
s ,e吋oy!)r e ad
i n
gsome wit
ht hi
ss t
ory,s
avoringitschal
leng
es.
re
alJapaneselite
rat
ure.Sow e'vedonee v e
rythingwec antok ee pthes t
orie
s
astheyw ere:n otonlya reth eypresentedi nt h
eirf 叫1
, gl
o ry,una b
r i
dged C
hee
seC
our
se
andunedited-thoughTawadaYokok indlygaveu sp ermissio ntop r
inta
H
“ y
aku
mon
oga
tar
i ー
---


"byK
ita
mur
aKaoru
spe
cia,
lc oncentratedre wr
itingo f“Kak 訂正,t hatsheu s
eswhens hegive
s
li
ver eadings-theyh avealsobeenp rintedverti
call
y ,ri
ghtt oleft,la
ido u
t 百li
sstor
yh a
sso
meth
ingofth
etl
avo
rof“M
ukashi同hinokoende
":it
's
ju
sta stheyw ereint heJ ap
aneseb ook sinwhicht heyw erefirstcolle
cted
. su
spen
sefu
landev
enabi
tsc
ar.百l
y elang
uag
eismorec
hal
len
gin
g,t
houg
h:
@

1
1 PREFACE PREFACE 1
0
@
Thi
sisagoodwaytos
oli
di今yourgr
asponnewwords
,andt
otr
ainy
our
- 百l
eon
iyc
han
gest
hath
aveb
eenmadea
ret
onumbert
hep
ara
gra
phsandt
o
se
lft
osaynewthin
gs,
inanewa c
cen
tandint
ona
tio
n. giv
et heh iraganar eadings-th eju rigana-o feveryk anjiwordoni t
sf i
rs
t
appearancei neac hsto可

1star
tedou twithat r
ainrideandendedupt alki
nga bouttra
inin
g.Eithe
r 百lep aragraphnumbersw illh elpyo ul o
ca t
et het en
tativetranslati
ons1
waゎl ear
nin ganewl an
g u
ageisoneoft hemoste x
citingint
ell
ectu
aland of
fer,ont h epagesf acingth et ex
ts ,ofp otentiallyp uz
zl i
ngp hrases;t he
y
cul
tura
lactivi
tie
sap ersoncanunde
rtake,andthemomentwhens hebegin
s w出 a l
sog uideyout othenote satt heendo fthebook ,whichc overe ver
y-
toreadinth a
tnewl a
nguageisoneofthemostt h
ril
linginthewholelong, thingfromg rammaticalp a
tter nsandt hed e eps hadeso fmeaningc aston
fru
stra
ting,rewarding,mind-be
nding,
ey e-o
pening,and,ofcours
e,pra
cti
- sentencesbys ee
m inglyinsignificantp ar
ti c
l es,tot heex pl
ana tionofg es-
cal
iyusef
ulp roc
ess.1hopet hi
sbookh e
lp syougetw he
re v
ery o
u'regoin
g tur
esando therbitso fcultu
r alba ckgroun d.I'vedonemyb esttok eept h
e
withJapanesefast
er,andw it
hagoodd ealmorep leasur
et hanyouwould notesfrombecomingt oomind-numbinglyd ry,andt riedt ostrikeab al
-
havewithoutit
. anceb etwee nreinforcementandr epe
titiveness
.Mosto ft h
et ranslati
ons1
givearef orp h
rasesr athert hanwords ,si nceyouc anl ookupi ndividua
l
words( usingt hec onvenient戸r 伊n ar ea d
i ng
s !
)i nt hed ictionaryatt h
e
ACKNOWLEDGMENTS endo fthebook ,andb ecausemeaningi sap roducto fco n
text ,andg ene
r-
1wouldlik
etoe xtendmywarmestt hankstothepeoplewho,invari
ous al
lyi nh
er e
si np h
r asesands ent ences, no
tw ords.Youw i
lln otice,too,tha
t
ways,
ind
irec
tlyordire
ctl
y,madethisbookpossi
ble
:AlmyJ
l apa
neseteac
h- thetranslation
sd on'tnecessarilyc orrespo ndina“ l
iter
al"one- to-onefash
-
er
s,bute
spec
iallyMakinoSeii
chiMizumoto百 rumi
, ,
andUemiyaM ar
ikoi iontot heJ apanesep h
rasest heyt ranslat
e ,thewayt h
eE nglishd efi
nition
s
It
oKiyo,th
emostw onderfuihos
tmotheri ma
g i
nable
;andMichaelSta
ley, inthedi c
ti onar
yc orrespondt ot heJ apane sewordst heydefine.百l etrans
-
whoseed
itor
ialastu
tenes
sands avvymadethisbooknotonl
ypossib
lebut lat
ionsa re,ultim
a tely
,meanta ss am ples
:youw ill,1hope ,comeupw it
h
re
alandusefuland,1hopeyouw出 a gre
e,ex
citi
ng. evenb e
ttert rans
lationsofyourown.
Ont ot hedictionaryandt h eCD.L ikeanyd ictionary,theoneyouh a
ve
herec omprisesal is
to fwordsi nd i c
t io
na ryf orm.I nor de
rt ou seit,you
needt obea bl
et od eriv
et h
i sd ictionaryformfromt hec onjug a
tedform
thatappear sint hetext
;whent hisseemsl ike
lyt op oseaproblem ,1g iv
e
thegameawayi nt hen o
tes.G ener allys peak i
n g,I<
lrecommendt hatyou
lim
ity ou ru seoft hedictionary -ste erc learo fbecomingad ictionary
addict.百lisbooki sc all
edR eadR ealJ apa n
e se,aft
era l
l,n tL
o o okUpR ea
l
JapaneseInt heDi ction
ary.百l eCD ,ont h eo therhand , i
ss ometh ingyou
wi
llwantt olist
ent orepeatedly.Tr ylisteningtoe ac hstorybeforeyour ea
d
i
tt oseehowmucho fi
tyoucanc atch.Th es torie
swerer eada tan atura
l
speed,sot heywills eemf a
sta tfirs.Th
t en,onceyouh avet akeny ourt im
e
readingt hroughag ivenstory,g eはi ngcomf ortablew ithit,gob ackandl is-
tentot heCDa gain,followi
n ga longi nthet extwi thyou rfinge r-or,i
fyou
prefe
r,wi t
h outyo urfing
er.Ifyouc ank eepup ,you '
rewellony ourwayt o
becomingaf l
uentr ea
der.Fi nally,liste
nt ot heCDo ncemoreandt ryto
repeataftert hen arrator-s hado wingh e rv oice,asi twere-doingy o
ur
besttolea.r
na smucha syouc anfromh erp ronuncia t
ionanden u
nciation

13 PREFACE PREFACE 12
S
: …制……加附仰…川一抑叩叩r


h
e
r
r

O
rn
“m
I

剛t
t

-刊

ωt

除d

割栂
'

側i
附。

開 o
f
4
附"伽.鱒除:
伺鈴w嶋 ω
t
1

rmos
。憎愉 叙te
r
憎 .
t附 問1
倒 Y
官 .
町e
i
加n
町…
c
ω
e
E

開e
'
.山

w敏州ホ明d尉 叫 o憎 of岡附『加曲s,倫an
伽m

崎 前 陥 開 削5,制 s
to
ry抑, areaboutωm剖,・Kam回 m
W刷Idbead
ec制 t加 問l
at hy m
畑、,首剛Jg igh∞
t出 a
blet
oeome噌
wi
thsor
neth
ingbe ーi
憎 f sfromtha
tfant
ast
ic倫 stco
lle
cti
on,
W踊 a
l回 償 凶 陶w潟ωna.
h鴎ed,・Kami
鶴 間I .was伽 f
耐 s t
ory陶附・
k
aml例哩If'w
rot
e.She鎖蜘n陶 d
it旬 a
non
li隅 l
耐 司r
yeo
mpe
t陥1ft'"



掴 94旬okt
hep
ri,
uan
d岡 d
tt槍 陣 楓ueo
f鵠 e
i噌


.WhOn伽 ωII 同町


民側凶t
hed
lnG
OJc脚r
n ect
畑、f

E
'
E
-
-
-
-
cameωt針omt
hep
ubl
ish
ingh
ou鱒 Ch
曲kd
ron
.

-
-
E

-
-
-
-
上 弘
lr
r.
lh
ai

-
-
Sh 銅
"18, itw
踊 糊 町 制 加th側 蜘m詞 k
i

-
g曲 i
bu陥 , 削 伽 蜘 蜘 刷r aDeu誕地ao
ts凶・
例市街国.Ancl陶柵k a
mit踊 onyg
l ot
t制胸筑前

s
ln伺 d 槍
制"
“-針

.won鋪lIpr t泡臥.Akuta.

pwi附 :
ln1SJI96制渇蜘V刷。伽刷.(守0
l
青 側 側 勧 蜘 ・ } 制 側 刷Z州 制 愉 同 併 協
伽 h
er制 動 制 刷 蜘 ( 1 J r eTeoc陶内紛~.
Kawakami Hiromi
棚..).節制r
of納...twO糊胸剛l
clb
e.伊 d
μm匂 蜘t
t制句鮒e.1f脚例制句・『制・
術 削 除 制 抑 制 州 刷W
制 刷 伽 耐 句P句
陶 制 隔 耐 W蝿
,*
i


I

,1
U
nI(
伽 帥i
st
酬)it..
h
e憎 meofa
帆伊抑
sO
開制明朗相留向。f a
y
,19
関.1
4
.
m 酬 肉情.
f

o
!wr
酬も細川時蹴均給胸糟倒伽拍側抑制糊晦
蜘 ト 卵 町 制a旬 :
.1噸噂伽怖伽刷、蜘嶋
崎 糊 制 凶 舗 酬 明 創 , . . . 陶 蜘 刷 耐 抱 納 un
制御畑出
時制川崎拘蜘州制附側側蜘嶋崎
削 t
楢崎講和“加開制剛健....附蜘地 1
峨 峨 ・. M
釧 州:
柑蜘制御恥
神 様 God 3 2

くまにさそわれて散歩に出る h avi
ngbeeni n
vite
dbyab ea
r,1se
toul

け で も な い こ と が わ か っ た の で あ る。

葉 書 を 十 枚 ず つ 渡 し て ま わ っ て い た。 ず い ぶ ん な 気 の 遣 い よ う だ と 思 っ た が 、 く ま で あ

近越してきた。 ちかごろの引越しには珍しく、引越し蕎麦を同じ階の住人にふるまい、

川原である 。春 先 に 、 鴫 を 見 る た め に 、 行 ったことはあ
る か ら 、 や は り い ろ い ろ と ま わ り に 対 す る 配 慮 が 必 要 な の だ ろ う。

きA ニ ひ
onawalk・1 1
1原に行くのである wegot otheriverba
nk・歩いて二 十

はがきじゅうまい
れま

くまにさそわれて散歩に出る 。 川原に行くのである 。
ところでその蕎麦を受け取ったときの会話でくまとわたしとは満更赤の他人というわ

く ま は 雄 の 成 熟 し た く ま で 、 だ か ら と て も 大 き い 。三 つ隣の3 0 5号室 に つ い 最
分ほどのところにある川原である i t'
sar iverba
nklocatedab
outtwen
ly なで
minute
sawayonf oot・春先に i nearlyspring・鳴を見るために、 い 持も
行ったことはあったが 1hadg onetos e
et hesni
pes,but・暑い季節に 。 っ
intheh otse
ason・こうして i nthisway・弁当まで持っていくのは て

いくのは初めてである 。散 歩 とい
おすせいじゅく
tak
ingalongalu
nch・初めてである i twast hefir
sttime・散歩とい 神2

はるさき
うよりハイキングといったほうがいい i twouldbemorea ccu
ratet
os a
y 様3

わた き っ か お も
wesetoutonahike
,rat
hert
h anawalk・かもしれない p erh
aps

さんぼでかわら
21くまは、雄の成熟したくまで、だからとても大きい t hebearwasam ature

しぎみ
うとかいわ
maleb ear,sohewasv erybig・三つ隣の305 号室に t oroom3 05,
whichwast hre
edoorsdown・つい最近 j ustafewda
ysa go・越して

っ こめずら
きた hadmovedi n・ちかごろの引越しには珍しく f o
l l
owingac us・

tomt hatnowseldomp l
aysap a
r ti
namove・引越し蕎麦 ( se
en ote
onp.5 2atbac)・...を同じ階の住人にふるまい d
k ist
ributed
...tothe

たいはいり
peoplelivi
ngont h
esamef l
oor,and・薬害を十枚ずつ t enpos
tcard8
each・渡してまわっていた wentaroundp assin
gout・ずいぶんな気


の遣いようだと思ったが i ts tr
uckmea squ
itead i
spl
ayo fsoli
citud
e,

ハうイ
but・ くまであるから i nsof
arashewasab e
a r・やはり a syoum ighl

より
expe
ct・いろいろと i nvariou
sways・ま わりに対する配慮が必要なの

キングと
おお み
ひつ よう
だろう i twasn ece
ssar
ytoshowsomec on
sidera
tiont
ot heneigh
b o
rs
31ところで atanyrat
e・その蕎麦を受け取ったときの会話で a sares
ull

そ ぱ
o
fthetal
kwehadwhen1acc
ept
edmys
oba・ くまとわたしとは t he つ 歩2

っと
b
earand1・満更赤の他人というわけでもないこと t hatwewerenot たい
がて

おな か い じ
e
xac
tlycomp
let
estra
nge
rs・わかったのである itbecamec
lea
r

なりごうしっさい

にじっぷん
十分ほどのと
い 暑き

まんざ ら あ か た に ん
つい
た季き

ゅうにん

川上弘美
ほ 告
宣ミ
うに

宝 こ ,


、 つ 、

いしろ
かてに
も 弁2あ
し 当 5る

1
7 神様 神様 1
6
4 表札を見たくま n
oti
cin
gth
ena
mep
lat
eont
hedoor
,th
ebe
ar 7 6 5 4

5 もしや...では youwo
uldn
't,byanyc
han
ce,happent
obe.
..?・某町

と 向 か っ て 訊 ね る の も 失 礼 で あ る 気 が す る。 名 前 も わ か ら な い 。 な ん と 呼 び か け れ ば い い

言 葉 を 駆 使 し て い ろ い ろ と 述 べ た。 ど う も 引 越 し の 挨 拶 の 仕 方 と い い 、 こ の 喋 り 方 と い

かわからぬような繋がりであるが、 く ま は た い そ う 感 慨 深 げ に

が 町 の 役 場 助 役 で あ っ た と い う。 そ の 助 役 の 名 字 が わ た し の も の と 同 じ で あ り 、 たど っ

てみると、 ど う や ら 助 役 は わ た し の 父 の ま た い と こ に 当 た る ら し い の で あ る 。 あ る か 無 し
のかと質問してみたのであるが、 近 隣 に く ま が 一匹もいないことを確認してから、

い、昔気質のくまらしいのではあった。
、 ツキノワグマなのか、 ヒグマなのか、 はたまたマレ lグマなのかは、 わからない 。 面


のご出身 anat
iveofsu
ch引 l
d -
suc
hatown

と 訊 ね る 。 確かに、 と答えると、 以 前 く ま が た い へ ん 世 話 に な った 某 君 の 叔 父 と い う 人

もしや某町のご出身では﹂

表札を見たくまが、
そのくまと、散歩のようなハイキングのようなことをしている 。動物には詳しくないの

ひ ょうさつ
まち ゃ
むしつれい

むかしか た ぎ
6 と訊ねる hea sked・確かに i nd
e ed1am・と答えると when1r e.

たず
pl
ied・以前くまがたいへん世話になった莱君の叔父という人 aper son

しつもん

く ば じ よゃ く

ぼ うまち し
whowas ,eV
ident
ly,t
heundeo fac e
rta
insomeonewhohadg i
venthe

しの
bearal otofassi
stanc
e・町の役場助役であったという hads er
vedal
townh allasd eputymayor,h es aid・その助役の名字 t h
isd e
puly
mayor'sf ami
lyname・わたしのものと同じであり wast hesamea .

つな

ゆ っしん
mine ,and・たどってみると whenyout ra
ceyourwayback・ どうや
ら. ..らしい i twouldseemt h
at. ..・またいとこ s econdcousi
n・. .
に当たる beoneandt hesamea s...・あるか無しかわか らぬような"
がりであるが i twasana lm
ostn o n
existe
ntr ela
tions
hip,andy e
t・
たいそう c onsid
erably・感慨深げに l ookingdeep
lymoved・「 縁」と
いうような種類の言葉を駆使して makingl i
bera
lu seofwordso fthe

きんりんいっぴ


“e
nishi"varie
ty・いろいろと述べた wenton・ どうも...らしい j ud
g.

ちちあ

いぜんせわぼうくんおじひと
ingfroma ppear
ances,[
thebear1seemedtob e...・引越しの挨拶の仕
方といい、この喋り方といい t hef a
shioninwhichhei ntr
oducedhim.
se
lftoh isnewn eighbo
r s
,thewayi nwhichhes poke...・昔気質の

みよ う じ お 壮
止 まえ
くま ano ld-
fashion
edt ypeofbear
7 散歩のようなハイキングのようなこと s
ome
thi
ngb
etw
eenawalkandI

かんがいぶか
hike・動物には詳しくないので 1don '
tknowmucha boutani
mal
s.10

あい さ つ し か た
・ツキノワグマなのか、ヒグマなのか w hetheritwasaJ apa
nesewhl
te
colarb
earorabrownb e
ar・はたまた o rthenagain・マレーグマ a
Malaybear・面と向かつて訊ねるのも a skinghimr i
ghttohi
sface・
失礼である気がする 1hadaf eel
ingitwouldber u
de・なんと呼びか
ければいいのか hows hould1addr
esshim?・...と質問してみたので
縁 i
か︿にん

どうぶつくわ
あるが 1t rie
da s
king.
..but・近隣にくまが一匹もいないことを確腿 し

というような種類の
てから a ft
erve
ri内ri
ngth
atthe
reweren'tanyotherbea
rsintheare
a

v
aF

しゆるい
めん

1
9 神様 神様 1
8

/
8 今のところ f
ort
het
imeb
ein
g・名はありませんし 1h
av ,
enonaml 1
2 1
1 10 9 8
andm o
r e
over・僕しかくまがいないのなら i fIrea
lly釘 ntheonlybe.r

うぞご自由に何とでもお呼びください﹂

しやりしやりという音だけが規則正しく響く。

たちの手前でスピードを落とし、 徐 行 し な が ら 大 き く よ け て い く。 す れ ち が う 人 影 は な

とみた。

に出すときに、 ひらがなではなく漢字を思い浮かべてくださればいいんですが、 まあ、

わけですね。 呼びかけの言葉としては、 貴方、 が好きですが、 、


・今後も i nt h
ef ut
ure
,a swell・名をなのる必要がないわけですね


﹁暑くな いけれど聞くアスフ ァル トの道を歩くと少し疲れます﹂

今のところ名はありませんし、 僕しかくまがいないのなら今後も名をなのる必要がない

暑 く な い ? と訊ねると、 くまは、

川原までの道は水田に沿 っている 。舗装された道で、 時おり車が通る 。 どの車もわたし

との答えである 。 ど う も や は り 少 々 大 時 代 な く ま で あ る 。 大 時 代 な う え に 理 屈 を 好 む
th
atmeanst he
re'
snon eedtointr
oduc
em yselfbyname ,doe
sn tIt
? 。

たいへん暑い 。 田で働く人も見えない 。 くまの足がアスファルトを踏む、 かすかな


呼びかけの言葉としては、貴方、が好きです 1l iketheworda nata a
formo fadd
ress・ええ y es,t
ha sri
ght・漢字の貴方 a awrltten

じ ゅう
t
' nat

て まえ
inkanji・口に出すときに whenyous ayit・ひらがなではなく機*
を思い浮かべてくださればいいんですが i twouldbew ond
erfulifyou

なん よ
みち
あっ


couldhavethekan
jirat
herthantheh
iraganainmind ,but・まあ、 ど
うぞご自由に何とでもお呼ぴください i t'
sn o
tab igdeal,fe
elfre
et oad・

す いでん
おと
dre
ssmehoweveryoul ike

たは
9 との答えである wash isa
nswe
r・どうもやはり i tdoesindee
dap
pe.r

ニと ば

たら


t
hat・少々大時代なくまである h eisasomewhatantiqu
ate
dbea
r・
大時代なうえに理屈を好む n o
tonlyi
sheantiqu
ate
d ,heal
soha
.•

き そ ︿ ただ
t
ast
efo
rlo
gic・...とみた 1c
onc
lude
dth
at...

しようし ようおお じ だい

置く
じ よニ・つ
10 川原までの道は ther o
a dtot h
er i
ver・水田に沿っている r ana l
onl
theedgeofsomer ic
ep addies・舗装された道で t heroa
dwasp aved,

ほ そう

おも

あなた
ひび
and・時おり fromt im
et otime・車が通る ac a
rwouldpassby・ど
の車も e v
erycar(li
t“nom
.
, atte
rwhichcari
twas"
)・わたしたちの


前で al i
tt
lebeforetheyr each
edu s・スピードを落とし woulds low
downand・徐行しながら movings lo
wly・大きくよけていく gob y.

すニ


swerv
ingwayo uttoa v
o idus・すれちがう人影はない noonep as
aed

あし
by,goingint heotherd ire
ction・たいへん暑い抗 wass wel
terl
nl

っか

とき
・回で働く人も見えない t her
ewasnoonet obes eenw
orkinginth.
padd
ies,eit
her・くまの足がアスフアルトを踏む、かすかなしやりしゃり

こん ご
という音 t hefain
tscrapeofthebear
'sfe
ettr
ead
ingthea
spha
lt・規則

︿るま

ぇ、
正しく響く s oundedregular
ly


、 漢字の貴方です、 口

, 暑くない?a

とお
ren
' t
tyouho?
2 長くアスフアル トの道を歩くと when1w
1 alkona
sph
altf
oral
ongt
lm.
・少し疲れます 1g
etal
it
tl
eti
red

り くっ
ひとかげ

この

くち

2
1 神様
¥ 神様 2
0
14 そう遠くないから、大丈夫 i
tno
tt
心配くださつでありがとう t
ha
h
atf
ar
nkyo

t
uf

h
o
o
u
ry
g
o
u
h
,s
rc
o
oI
n
'1b
c
er
eokay・ご
n
18 17 1
6 1
5 14 13

片 方 は シ ュ ノ 1 ケ ル を 首 か ら ぶ ら さ げ て い た。

歩 い た。
は 舌 を 出 し て 少 し あ え い で い る。 そ う や っ て 立 っていると、

さ ん の 人 が 泳 い だ り 釣 り を し た り し て い る 。 荷物を下ろし、 タ オ ル で 汗 を ぬ ぐ った。

の で 断 ったが、 も し か す る と く ま 自 身 が 一服 し た か った の か も し れ な い 。 し ば ら く 無言 で

﹁もしあなたが暑いのなら国道に出てレストハウスにでも入りますか﹂

﹁川 原 ま で は そ う 遠くないから大丈夫、 ご心配くださってありがとう﹂
15 続けて言う h
eco
nti
nue
d・ さらには t
hen 治

遠 く に 聞 こ え は じ め た 水 の 音 が や が て 高 く な り 、 わ た し た ち は 川 原 に 到 着 し た。

などと、 細 か く 気 を 配 っ て く れ る 。 わ た し は 帽 子 を か ぶ っ て い た し 暑 さ に は 強 い ほ う な

続 け て 言 う。 さらには、

と答えた。
つづい
そ ば に 寄 っ て き た 。 ど れ も 海 水 着 を つ け て い る 。 男の片方はサングラスをかけ、

ことわ
16 もしあなたが暑いのなら i
fyo
ush
oul
dhappent
ofe
elh
ot・国道に出

ひとおょっ
てレストハウスにでも入りますか wec oul
dheadou
ttot
hehighwayand
got
oth
ere
sts
topo
rsometh
ing
,ify
ou'dl
ike


baF
7 などと、細かく気を配ってくれる hes
1 aid,amongo
the
rth
ing
s,show-
in
gmee v
eryc on
sid
erati
on・わたしは帽子をかぶっていたし 1was

とお
we
arin
gah at,andfurt
hermo
re・暑さには強いほうなので 1b earup
f
air
lyw
ellunderthehea
t,so・断ったが 1d ecli
ned
,th
ough・ もしか

︿ぴ
すると.. .かもしれない i twasposs
iblet
hat・ くま自身 t h
ebe
arhim-

みず
s
elf・一服したかった wantedt otak
eab rea
k・ しばらく無言で歩い

ニ︿どうはい
た wewalkedonforawhil
ewitho
utspeak
ing

かいすいぎ

だいじようぷ
18 遠くに聞こえはじめた水の音 t
hesoundo frunningwate
r,whichwe

じしんいっぷ︿
cametoh ea
ri nthedis
t an
ce・やがて b ef
orelong・高くなり g rew
l
ouder,and・わたしたちは川原に到着した wea rr
ivedatther i
ver
-
bank・泳いだり釣りをしたりしている we 問 swi
mmingandf ishi
ngand

たか
soon・荷物を下ろし 1s etdownmyb a
g sand・ タオルで汗をぬぐっ

しんばい
にもつお

たw ipedawaymys wea
tw ithatowel・舌を出して少しあえいでいる

ほう し
waspanti
ngalitt
le,
histonguehang
ingout・そうやって立っていると
aswew er
es t
andingthe
r elik
etha
t・男性二人子供一人の三人連れ a

おと こ
groupofthree-twomenandac hid・そばに寄ってきた cameo
l ve
r
・ どれも海水着をつけている t he
yallhadonb athingsu
its・男の片

かたほう
方は oneo fthemen・サングラスをかけ wasw ea
ringsungla
sses
,and
・ もう片方は t heo t
her・ シュノーケルを首からぶらさげていた hada 男f
sno
rkelhangingfr
omh isneck 性
ー ふ
r
人;

あせ
子ニ
供Z

とうちゃ︿
人;
-ー ひ

つよ

一ーん

むごん
人三
も ¥j
f-:1 く た
う ¥れ ま く

23 神様 神様 22
19 くまだよ i
t ab
e、
ar
! 27 26 2
5 24 23 22 2
1 20 1
9

20 大きな声で i
nal
oudv
oic
e

後を追、っ。

くまの腹のあたりにこぶしをぶつけてから、 走って行ってしまった。

くまの顔を正面から見ょうとはしない 。サングラスの方は何も言わずにただ立っている。
子供はくまの毛を引っ張ったり、
あとお
﹁いやはや﹂

﹁ねえねえくまだよ﹂

﹁そうだ、 くまだ﹂

﹁そうだ、 よくわかったな﹂


何回かこれが繰り返された 。 シユノ lケ ル は わ た し の 表 情 を ち ら り と う か が ったが、

子供が大きな声で 言っ た。

お父さん、くまだよ﹂
くまだよ﹂

シユノ lケルが答える 。
1 よくわかったな yous
uref
igu
redt
hato
utw
ell
!

なんかい︿かえ
2

とう
22 シュノーケルが答える r
epl
iedt
hes
nor
kel

はら

かおしようめんほうなにいた
2 ,
5 ねえねえくまだよ hey ,
heyit
'
sab
ear
!

26 何回か s
eve
ralt
ime
s・これが t
hisb
ack
-an
d-f
ort
h・繰り返された was

けひ
repe
at d・わたしの表情をちらりとうかがったが s
e hotagla
ncemyway ,

こえ
toseeifhec ou
ldreadmye x
pre
ssion,b
ut・くまの顔を正面から見ょ


うとはしない madenoa t t
empttolookatthebe
ar'sfac
es t
raig
hton


・サングラスの方は t h
eonew eari
ngt hes
ungla
sses・何も言わずに
withoutsayin
ga ny
thing・ただ立っている j uststoodther
e・くまの
毛を引っ張ったり、蹴りつけたりしていたが wasp u
llingthebea
r'sfur
andk ickinghimands oon ,butt h
en・最後に 「 パーンチ」と叫んで
fin
allyheyell
ed"Punc
h!"and・くまの腹のあたりに i nth
ev i
cin
ityof 蹴け
由 ebear
'sstomach・こぶしをぶつけてから、走って行ってしまった a ft
er り
hitt
inghimw ithhisfi
st,heranoff・ぶらぶらと後を追う wandered つ

laz
ilyafte
rhim け

はし
27 いやはや s
hee
sh り




ひょうじ よう

最後に

-

男パ
人ン
はチ
ぶ」
らと
ぶ J時
ら iん
と ¥で

25 神機 神様 24
281 しばらくl_,-
r
:tJ'~ afterawhile 3
5 3
4 3
3 3
2 3
1 3
0 2
9 2
8

2
9 小さい人は邪気がないですなあ 油,
thel
it
tl
eon
es.
..t
heyh
ave
n'tas
hre
d
ofi
l
lwi
lli
nthem る る え l ま ー

寸 わ ー-

ど な
「おろ
驚 も と 突与 の る そ そ 私た小 台 し
3
01私は無言でいた 1remaineds
ile
nt 。
いの 右 言 然fか。 定ご さ 言 り はし さ ぱ
た だ。 掌て 水 つ言
3
11そりゃいろいろな人間がいますから sur
e,t
her
ear
eal
lki
ndsofpe
opl
e そ の な Eコ や 無 む い ら
ou
tth
ere
,it
'
str
ue・子供さんはみんな無邪気ですよ c hil
dre
nneve
r で を し く の 幅1 3 細号う し、 言 ;人 く
meananyharm し さ ぶ ま 四 の いき と ろ で は し
よ っ き の 角 中 2魚か 、 い い 邪 2て
3
21そう言うと wi thth
at・急いで川のふちへ歩いていってしまった heh
ur- つ と が 固 め が で がな わ ろ た 気 き か
水 あ に 魚 上 5す た な
L-
r
iedo
fftowardt
heed
geo
fth
eri
ver 。 が ら
にがもの ; い し 人日 な く
3
31小さな細い魚 s mall,thi
nfish・すいすい泳いでいる weree f
fort
less
ly く り 水 縄2流 1す が 間 げ し、 ま
swimminga l
ong・水の冷気がほてった顔に心地よい t hec o
oloft he ぐ 、 の 張ぱ う い 答 が ん で 治宝
w
t
a
t
h
a
erfel
tgoodonmyf
t・一定の幅の中で w
lu
i
s
h
t
e
h
df
i
ac
nac
e・ よく見ると l
erta
infixe
ds
ooki
ngclos
e
pan・上流へ泳ぎまた
ly,1saw
せ ま は な
が人の
5
ら く 中 り 旅 泳 え い
いるま
で 前 iす
す ちoぎ
な つ
あ た。
下流へ泳ぐ t heysw釘 nupst
rearn,出ens war
nbackdownstrea
rn・細
魚 j水 間 だ た い に か L一
長い四角の辺をたどっているように見える t heyseemedt obet raci
ng を の と ろ 下か る 急い ら
th
esidesofalong
,narrowrecta
n g
le・その四角が魚の縄張りなのだろ 掴 2中 同 う 流? 。 いそ
うt hatrec
tang
lemustbet hefish
es'te
rri
tory・ じっと wi tho
utmov ・ みにじ ? 水 で で
mg・ くまの自にも水の中は人間と同じに見えているのであろうか d id 上品ざにく吟の JII~ も
thin
gsinthewaterlookthesamet othebe
arastheydidtohumans? げ ぶ 見 ま く 冷fの
たざえも 。 気者ふ子
3
41突然水しぶきがあがり t her
ewasasuddens pl
ash,and・水の中にぎ ぶて 、 細号 が ち 供
ぷざぷ入っていった s l
oshedintothewate r・川の中ほどで立ち止まる t
岸 入 い じ 長お ほ へ さ
と hestoppedandstoodinthemiddleoft heriv
er,whereupon・右 辺べ つ る つ い て 歩 ん
1
診をき っと水にくぐらせ h equicklythrusthi
srigh
thandi ntothewa- を て の と 四 しつ い は
泳 い で 水 角? た て み
t
erand・. ..を掴み上げた s n
atchedu p...・岸辺を泳ぐ細長い魚 t he
ぐ っ あ の の 顔 い ん
lo
ng,slen
derfis
hswimminga lo
n gthebank・三倍はありそうなもの 細 た ろ 中 辺2 に つ な
だl oo
k e
dt obeabo
utt h
reetimesb i
gger 長 。 う を を 心号 て 鉦む
い 川 か 見 た 地; し 総 E
3
51驚いたでしょう 1b
ety
ou'
res
urp
ris
ed
魚の 。 て ど よ ま 気量
の中 い つ い つ で
ニさ ほ るて 。 たす
倍f人 ど 。 いよ 。 よ
三 何るく 」
あ立 をよ見
りち 見うる
そ止 てにと
うま い見み魚

27 神様 神様 26
43 42 41 40 39 38 36
36 戻ってきたくま t
heb
ear
,onh
isr
etu
rn 37

37 おことわりしてから行けばよかったのですが 1o u
ghtt
oha
ves
aidsome-

意しであったらしい粗塩をぱっぱと振りかけ、 広げた葉の上に魚を置いた 。
ころどころに切れ目を入れてパテとラディッシュをはさんだもの、 わたしは梅干し入りの

なナイフとまな板が出てきた 。くまは器用にナイフを使って魚を聞くと、 こ 6 かねて用

している人たちがこちらを指さして何か話している 。 くまはかなり得意そうだ 。

でしょ、つ﹂
﹁何回か引つくり返せば、 帰る頃にはちょうどいい干物になっています﹂

﹁さしあげまし ょう。今日の記念に﹂

﹁おことわり してから行けばよかったのですが、 っい足が先に出てしまいまして 。 大きい



th
ingbe
fore1went
,bu
t・つい足が先に出てしまいまして myfeetju
st


わたしたちは、 草の上に座って 川を見なが ら弁当を食べた 。くまは、 フランスパンのと

何から何まで行き届いたくまである 。

そ う言うと、 くまは担いできた袋の口を開けた 。 取り出した布の包みの中か 主 は


くまは、 魚をわたしの目の前にか、ざした。 魚のひれが陽を受けてきらきら光る 。釣りを

戻ってきたくまが言った 。
主んかい

レ'
s
tart
edmoving


38 魚をわた しの目の前にかざした h
eldt
hef
isho
utr
igh
tinf
ron
tofme

ひかえ
・魚のひれ t h
efis
h'sf
ins・陽を受けて i nt
hes
unl
igh
t・きらきら光
るg lit
te
red・こち らを指さして何か話している werep oin
tin
gi nour

きめ
di
recti
on,t
alki
ngabou
tsometh
ing・ くまはかなり得意そうだ t h
ebear

ーた

seemedqui
teproudofhim
sel
f

くさ

とど

あ らじ お ふ
39 さしあげましょう t
hisi
sfo
ryou・今日の記念に a
samementoo
fth
is

かつふ

き ょう き ね ん

d
ay

かえ
すわ

ゆび
40 そう言うと s
osaymg・担いできた袋の口を開けた openedt
het
opo
f
th
ebagh e
'db r
oughtwithhim・取り出した布の包みの中からは from

ニろ ひ
theclo
thbundleh etookoutofit・小さなナイフとまな板が出てきた

くろ
as m
allknif
eandac hoppingboardemerged・器用にナイフを使っ
て makingd ext
eroususeofhiskni
fe・魚を開くと whenhehadc ut

き ょう っ か ひ
openthefis
h・これもかねて用意してあったらしい粗塩 f re
shbays
al
t,

はな
whichhehade vid
entl
yalsoprep
aredinadvance・...をぱっぱと振り


かけ t hebearsprin
kledon..
.withafewshakes,and・広げた業の上

ひろはう
に魚を置いた s etitdownonsomel eav
esthathehadspre
adout
っくり返せば i
41 何回かヲ │ fyouf
li
pito
veraf
ewt
ime
s・帰る頃にはちょ

とだ
もの

うどいい干物になっています i
twi
llbej
ustd
ryenoughbyt
het
imewe

ひう
headhome

持Cも寄

42 何から何まで e
ver
yth
ing
,froms
tar
ttof
ini
sh・行き届いた a
tte
nti
ve

由の つ つ
t
ode
tai
l


43 草の上に座って s
atont
heg
ras
s叩 d・フランスパンのところどころに

と︿ い

hereandthe
reinalo
afo
fF r
enchbre
ad・切れ目を入れてパテとラ
ディ ッシュをはさんだもの w ithpat
eandrad
ishe
st u
ckedi
ntoinci
sions

1
hehadmade・梅干し入りのおむすび組仰がr i(r
ic
ebal
l)w
ithumebosht

υか
うめ ぽ

(pi
ckl
edplum)i
nit


小宮

ょう

29 神様 神様 28
-食後には各自オレンジを一個ずつ oneo rang
eeacha食erourmeal・ 50 49 48 47 46 45 44
ゆっくりと食べおわると a
fte
rwehadl
eis
ure
lytuc
kedawayourmeal

小さくいびきをかいている 。 川原には、 もう数名の人しか残っていない 。 みな、 釣りをす

す ぐ に 上 流 の 方 へ 歩 み 去 っ た。

手渡した。
たらその前に子守歌を歌ってきしあげましょうか﹂

れで丁寧に洗い、そ れを拭き終えると、くまは袋から大きいタオルを

おむすび、食後には各自オレンジ会二個ずつ 。 ゆっくりと食べおわると、くまは、
﹁昼寝をするときにお使い ください 。 僕はそのへんをちょっと歩いてきます。もしよかっ

﹁もしよろしければオレンジの皮をいただけますか﹂
て わた
44 もしよろしければ i
fit
'
sal
lri
ghtw
ithyou・オレンジの皮をいただけま

真 面 目 に 訊 く。
目を覚ますと、 木の影が長くなっており、 横にくまが寝ていた。 タオルはかけていない 。

子守歌なしでも眠れそうだとわたしが答えると、 くまはがっかりした表情になったが、

少し離れたとこ ろに置いて あ る 魚 を 引 つくり返 しに行き、ナイフとまな板とコ ップを流

と言い、受け取ると、わたしに背を向けて、いそいで皮を食べた 。
ひるね
ま じ めき
すか might1h
avet
hep
eelo
fyo
uro
ran
ge?

ていねいあらふお
45 受け取ると whenhehadt
ake
nit・わたしに背を向けて h
etu
rne
dhl
s
backt
omeand

うとせ
46 少し離れたところに置いてある魚 thefi
sh,whichhehads
etoutal
it
tl
e

こもりうたうた
di
stan
ceaway・...をヲ│っくり返しに行き hewento fftof
li
p..
.・流れ

ねむ
でi nther
ive
r・丁寧に洗い c are
ful
lywashed,and・それを拭き終え
ると whenhehadf ini
she
ddr
yingthem・わたしに手渡した handed
i
ttome
47 昼寝をするときに whenyouh
avey
ournap・お使いください p
lea
se
u
sethis・僕はそのへんをちょっと歩いてきます I mg
' oi
ngt
ota
keal
i
t-

かわ
t
lewalkaround・ もしよかったら i fyou
'dl
ike・子守歌を歌ってきし
あげましょうか s h
all1s
ingyoual
ull
aby
?

U
48 真面目に訊く hea
ske
dea
rne
stl
y
49 子守歌なしでも眠れそうだ 1t
hin
k1'1bea
blet
osl
eepw
ith
outal
ul・

よこね
すう め い の こ
l
aby・がっかり した表情になったが l o
oke
ddi
sap
poi
nte
d,b
ut・上流
の方へ歩み去った w a
lke
dof
fup
str
eam
50 目を覚ますと when1awoke・木の影が長くなっており t
hes
hadows
o
fthetre
eshadle
ngt
hen
ed,and・検にくまが寝ていた t hebearwas
s
lee
pin
gb es
ideme・タオルはかけていない h edid
n'thaveat o
wel
o
verhim・小さくいびきをかいている hewass no
ringquie
tly・ もう
数名の人しか残っていない bynowo n
lyaf
ewp
eop
ler em
ained

¥取り出し、わたしに
3
1 神様 神様 30
-干し魚 d
rie
dfi
sh・魚は三匹に増えていた t
her
ewe
renowt
hre
e 59 58 57 56 55 54 5
3 52 5
1
f
ish

えていた 。

る人である 。 くまにタオルをかけてから、 干し魚を引つくり返しにいくと、 魚は 三匹に増



﹁あの﹂

﹁とんでもない﹂

﹁いい散歩でした﹂
﹁またこ のような機会を持ちたいものですな﹂
52 鍵を取り出しながら w
hil
etk
a.
ingo
utt
hek
ey

と答えるのだった 。

くまは305号室の前で、 袋から鍵を取り出しながら 言っ た。
わたしも領いた。 それから、 干 し 魚 や そ の ほ か の 礼 を 言うと、 くまは大きく手を振っ

-,
53 またこのような機会を持ちたいものですな 1c
ert
ain
lyhopew
e'l
lha
ve とで
立た は
moreo
cca
sio
nst
odot
hin
gst
oge
the
rli
ket
his ち」
54 わたしも領いた 1nodded
,ag
ree
ing・干し魚やそのほかの礼を言うと 去

う なず
when1t
hankedhimfort
hedri
edfis
handevery
thi
ngels
e・大きく手 ろ
を振って w avingh
ishanden
erg
eti
cal
lybackandfo
rth っ

55 とんでもない n
ota
tal
l す

57 では we
lth
en. と

くまが、
58 と立ち去ろうとすると 1s
aid
,andwasj
us k
tma.
ingωleavewhen
59 あの uhm...

かぎ

ほうお
れい

さんびきふ
てふ
33 神様 神様 32
60 次の言葉を待ってくまを見上げるが 1l
ook
edupa
tth
ebe
ar,w
ait
lng 66 65 64 63 62 6
1 60
fo
rhimt ogoon,b u
t・ もじもじして黙っている her e
mainedsi
len,
t

神 様 の お 恵 み が あ な た の 上 に も 降 り 注 ぎ ま す よ う に。 それから 干 し 魚 は あ ま り も ち ま せ ん

ずかしそうにしている 。 言葉を喋る時には人間と同じ発声法なのであるが、 こうして 言 葉

きなくまである 。 そ の 大 き な く ま が 、 喉 の 奥 で ﹁ ウ ル ル ﹂ と い う よ う な 音 を た て な が ら 恥
しの頬にこすりつけた 。くまの匂いがする 。 反対の頬も同じようにこすりつけると、

に な ら な い 声 を 出 す と き や 笑 う と き は 、 や は り く ま 本 来 の 発 声 な の で あ る。
fid
get
ing・喉の奥で i nthebackofhisthr
oat・「ウルル」という よ う

一度腕に力を入れてわたしの肩を抱いた 。 思ったよりもくまの体は冷たかった。
かみさまめぞふそそ

いちどちから
﹁今日はほんとうに楽しかったです。 遠くへ旅行して帰ってきたような気持ちです。

﹁親しい人と別れるときの故郷の習慣なのです。 もしお嫌ならもちろんいいのですが﹂


抱擁を交わしていただけますか﹂
くまは 言っ た。
くまは一歩前に出ると、両腕を大きく広げ、 その腕をわたしの肩にまわし、 頬をわた

わたしは承知した。

と言う。次の 言葉を待ってくまを見上げるが、もじもじして黙っている。 ほんとうに大


な音をたてながら m akingasounda l
ongthelin
esof“urur
u"・恥ず

ほうようカ
したわかこ
かしそうにしている h ewaslookin
gbashf
ul・言葉を喋る時には when
hetalk
edusin
gwords・人間と同じ発声法なのであるが heu se ,
dhl

いつぼでりょううでひろ
voi
cethesamewayhumansdo ,but・言葉にならない声を出すときや

しようち

つぎ
こえ
笑うときは wh enhemaden oi
sethatwasn'
tspeec
h,andlaugh
ed,and
soon・ くま本来の発声 t h
evocali
zat
ionprope
rtobears
61 抱擁を交わしていただけますか m
igh
tyoubes
ogooda
stohugme?

たの
63 親しい人と別れるときの故郷の習慣なのです t
hisisth
ecustominmy

まみあだ
hometownwhentwop
eop
lewhoa
rec
los
et oeachoth
e

rsaygood.

わら
bye・もしお嫌ならもちろんいいのですが o fco u
rse,i
tq u
itea
llri
ght

き ょう し ゅうかん
i
fyoudon'
twantt
o

し ゃべ と き は っ せ い ほ
にお
64 わたしは承知した 1a
sse
nte
d
65 くまは一歩前に出ると t
heb
eart
ookas
tepf
orw
ardand・両腕を大急

のどおく
く広げ s pr
eadhi
sarmswide・その腕をわたしの肩にまわし wrapped
t
hosearms around mys h
o u
lders・頬をわたしの頬にこすりつけた

はんたい
rubb
edhischee
ka g
ains
tmine・ くまの匂いがする hes me
lledli
kea
be
ar・反対の頬 h isothe
rch eek・同じように i nthesameway・ も
う一度 o ncea g
ain・腕にカを入れてわたしの肩を抱いた heh u
gged

ほんらい
うでかた
myshou
lders
,putt
ingalotofstr
engt
hin
tohisarms・思ったよりもく
まの体は冷たかった t h
ebear
'sbodywascol
derthan1expe
cted

いや


66 今日はほんとうに楽しかったです 1r
eal
lyhadaw
ond
erf
ult
imet
oda
y
・遠くへ旅行して帰ってきたような気持ちです 1f ee
lasifIv
'etra
vel
ed

からだつめ


somewherever
yf a
r,andt
hencomeba
ckhomeaga
in・熊の神様の
お恵みがあなたの上にも降り注ぎますように mayt h
eb l
ess
ing
softhe
bea
rgodr a
indownuponyou ,to
o・あまりもちませんから d o
esn
't
keepveryl
ong,so

ほお

J、

1f~ ~

35 神様 神機 34
今夜のうちに t
oni
gh twi
t・召し上がるほう がいい i l
1beb
esti
fyoue
at i
l
l 67
them
6
71部屋に戻って魚を焼き、風自に入り、眠る前に少し日 記を舎いた 1went
な か
backint
omyapartmentandgril
1edthefi
sh,hadab a
th,andwr
ote も 部へ ら

abiti
nmydia
ryb ef
oregoin
gt obed・熊の神とはどのようなものか、 の 屋ゃ
想像してみたが 1t ri
edtoimaginewhattheb eargodmightbeli
ke, 台

、 今
夜えゃ
but・見当がつかなかった 1hadn '
tth
es l
igh
testid
ea・悪くない一日 戻
だった i
twa
sn'
tabadday 想f
ぞ つ の
像て
し 魚 ち っ
て を
み 焼ゃ召め
た き し
i
J{ 、 上ぁ

風ふ が
見け 呂 ろ る
当んiに ほ
カf 入 つ
つ り カ

、 、


な 眠 U、
か る と
つ 前 思
た。 、

少 ま
悪 2し す
く 自己 」
な 記


U を
ーい 書か
主い
自ち
だ た。

た。 貧




l




37 神様 神機 36
I
1
Iw
蝋 w
0刷刷、iw
orko
h

fh
e

o
rro

nht
踊 割 削 除d

r
,間rr
伽.N
at
e
nInd州 知 尚 一1
mp防 副 知 N制 蜘 創I
dfnIm制問笥蹴蜘曹 o
CIN
制 批t
f・側脚色 t
蜘 f
l
t凶
o
r

愉 蜘aω IKU 蝋 t o側 酬 m 制 制 1 抑制随r.F/rf輔副略。M 均


'
助 制 勘d y).Th抱 W揖 悌 蜘 代 01.曲 zz句.
l pnr帥 叩 が 噌 回ree
r
伽 O 甑JI曲1,州軍0蜘 切 削 陥 e 柑酔'個F 旬onto枇 t 跡、In.
n削 除
鰍 伺 , 嶋 崎l匂paper蹴 kI'r
"eknown 鶴、M 附噸~that 畑鴎 to
1
1帯t 倫ir
tyyou噌 rtI如 、 加t
C so
onbepnwr剥噌h
ard
bakb
c o
oks
伽 紬 』 恥 A附 mberofh句wor
kshlYe国側 t
un凶



t s u c h
むかし夕日の公園で LongAgo
,Int
heP
arka
tTw
ili
ght 4 3 2

11小学生のとき when1wasi neleme


ntaryschool・近所に i nth
eneigh-

く砂場で遊んだ。 だ れ が 置 いてい ったのかわからないプ ラスチ ツクの黄色いバケツがあ

だ。 そ の 公 園 の 隅 に は 砂 場 が あ っ た 。

供用の小さな靴がひとっころがっているだけになるような公園だった 。

夕 方 に な る と 車 の 音 や 人 の ざ わ め き は 消 え 去 る。 あ と は 静 か な 空 間 に 、 だ れ か の 忘 れ た 子
で、その 一画はいつも忘れられていた 。

るまで公園で時2

どもょう

ゅう が た く
borhood・こぢんまりとした公園 al itt
lepark・高い建物に固まれてお

建物と建物の聞から差し込む太陽が音もなく世界を赤くにじませる夕方、 話 し 相 手 も な

夕飯の時間になっていっしょに遊んでいた友達が家に帰っても、僕は両親が帰

小 学 生 の と き 、 近 所 に こ ぢ ん ま り と し た 公 園 が あ っ た 。 高い建物に固まれており、
し よう が く せ い き ん じ
一人でブ -フン

ゅうはんじかんあ
ひとり
りi twassur
rou
nd e
dbytal
lbuildi
ngs,and・夕方になると whene ve-
ningfe
ll・車の音や人のざわめき t henois
eo ftheca
rsandthesoun
d s

ちい ︿ つ
ofpeople・消え去る v an
ished,l
eavin
gnot rac
e・あとは...になるよ

むかし夕日の公園で
うな公園だった i twasthesortofparkt h
att u
rnsinto..
.af
tert
hat・
静かな空間に as i
lents
paceinwhich...・だれかの忘れた子供用の小

るま お と ひ と き さ し
間c
あいだきこ

すみ
さな靴 asma lc
hild
'sshoetha
tsomeonehadf org
otten・ひとっころ

F
号 つぶしていなければいけなかった
がっているだけ l ayonit
ssideont h
eground

こ﹂ぐのにあきると、

ゅう ひ
21夕飯の時間になって whendi
nner
timeroll
edaround・いっしょに遊ん



でいた友達が家に帰っても e venaf
terthefri
endsI
'dbeenplay
ingwi
th

こ うえ ん
wenthome・両親が帰ってくるまで u n
tilmyp a
rentscamehome・時
間をつぶしていなければいけなかった 1hadt osta
yt h
ereki
lli
ngti
me

たい よ う せ か い あ か
31一人でプランコをこぐのにあきると when1g ott
ire
do fp l
ayin
gbymy -

そとも
s
elfont heswin
gs・まるで何かから呼ばれたように a lmosta
st ho
ugh
1hadbeensummonedt he
rebyso
met
hing・砂場で遊んだI' dp la
y し
inthesandbox・その公園の隅には砂場があ った i nt hecorn
eroftha
t かま
parkther
ewasasandbox・普段、 子供たちはプランコや滑り台に夢中 Lる
で o r
dinari
ly,th
ec hil
drenwer
esoengr
osse
dwi t
hp la
yingont h
e 且 且ふ
日 ~
Y

Rf何2

だちうちかえぼくり
swingsandthesli
detha
t・その一面はいつも忘れられていた t h
atcor・

nerwasa lwa
ysforgo
tten ヲ
)'‘


41建物と建物の聞から差し込む太陽 t hes
unl
ights
hin
ingdownb
etw
een
壬か
'
散ら


t
heb u
ildi
ngs・音 もなく w it
hou
tasound・世界を赤くにじませる夕 た 呼よ
方e veni
ng,whichmakest
heworl
drunw i
thred・話し相手もなく ち 士
j

たかたてものか
竺れ

くうかん
wi
thoutanyonetotal
kto・だれが置いていったのかわからない l e(
t
behi
ndbywhoknowswho 土?こ
7
:/

き いろ
コ,つ
主す議

ょうしん
はな
方ベは
ムだ砂 2

あい て

わす
日い場ぱ
3
Z‘で つ
'Y ~ 遊

中1ん


4
1 むかし夕日の公園で むか し夕日 の公闘で 40
-靴を脱いで 1t o
okmyshoe
sof
fand・ 自分の足に砂をのせていく 9 8 7 6 5
p
ile
dsa
ndonmyfee
t・砂はひやりとして thesandf
el
tco
ld,
and・小

指 先 に 何 か の 当 た る 感 触 が し た。

場の中に腕を差し込んでそれを確かめた 。
ために 真 っ 黒 な影絵のように見える時間、 僕 は 右 腕 を 砂 の 中 に 肩 ま で 差 し 込 ん で い た 。

かめたくなったのだ 。
るか ﹂と信 じてくれなか った 。

た。 靴を脱いで自分の足に砂をのせていく。 砂はひやりとして、 小さな粒が足の指の隙間


ではないか。 このことを父に 言っ たとき、 ﹁砂場にも底 はあるんだから、 そんなはずがあ

に入り込んでいくのが心地よかった 。
さな粒が足の指の隙聞に入り込んでいくのが心地よかった i tfel
tgood

ゆびさきあかんしょ︿
砂の中に何かが埋ま っているようだ つた。 それはやわらかくて、 冷たかった 。僕はそれ

それは何回目のことだったかすでに忘れてしまった 。 公園の隅に生えている木が夕日の

父は間違っていると思った 。 現に、 砂場の中に腕はどこまでも入るのだ 。僕は何度も砂

砂の中に腕を垂直に差し込むと、 どこまでも深くもぐりこみ、 最後には肩まで入るの

砂の中に深く手をつっこむという遊びもした 。 地中のどこまでが砂なのだろうかと、確
h
avi
ngt
het
inyg
rai
nss
li
pdownbetweenmyt
oes

はいこここち
5 砂の中に深く手をつっこむという遊びもした 1a musedmys
el,a
f sw
ell,

なかふかて
まちがおも
まくろかげえみ
byt
hru
sti
ngmyhandd
e e
pdownint
ot h
esand・地中のどこまでが

なんかい め

しん

ぬじぷんあしすな
砂なのだろうかと howf ardowni
ntoth
ee a
rthth
esan
dwent・確か

うで
めたくな ったのだ 1hads
tar
tedw
ant
ingt
och
eckands
ee

すいちょ ︿
6 砂の中に腕を垂直に差し込むと when1s tu
ckmyarms
tra
igh
tdown


A
in
toth
esan
d・ どこまでも al
lt heway・深くもぐりこみ burrowed
downd
eep・最後には u
nti
lfi
nal
ly・周まで入るのではないか d a
rned

ちちい
i
fitdi
dn'
tgoinal
lthewaytomyshoul
der・このこと whathadhap-
pened・「 砂場にも底はあるんだか ら 、 そんなはずがあるか' J"t
hesa
nd-
boxha ,
sabottomyouknow-howc oul
dt h
atb
epo
ssi
ble
?"・ と信じ

げん
てくれなかった hes a
id,andwo
uld
n'tbeli
eveme

7 現に、砂場の中に腕はどこまでも入るのだ myarmr
ea
llyd
idg
oal
lth
e
wayint
othesandbox・何度も a
gai
nan
dag
ain・それを t
hat[my
armwenti
nal
lthew a
y]

8 それは t h
eti
mewhens
ome
thinghappened・何回目のことだったか
すでに忘れてしま った 1nolong
err e
cal
lhowmanyt i
mes1haddonei
t

み ぎ うで

ちちゅうたし
byth
en・公園の隅に生えている木 t h
etre
egrowin
gi nt
hecornerof
th
epark・夕日のために ona cco
u n
to ft
hese
tti
ngsun・真つ黒な影

そこ
絵のように見える時間 t h
etimeo fdaywhenitlookedli
keap i
tch
-
bla
cks
hadowp i
ctu
re・僕は右腕を砂の中に日まで差し込んでいた I
hadmyri
ghtarmth
rus
tdowninthes
anduptomysho
ulde
r・指先
に何かの当たる感触がした 1f e
ltso
me t
hin
gbrush
ingmyfi
nger
s

さいごかた
つめ
9 何かが埋まっているようだつた s
ome
thi
ngseemedt
obeb
uri
ed

つぷ ゆ ぴ す き ま
なんど むかし夕日の公開で 42
43 むかし夕日の公邸で
-それが何なのかを確かめようと h opingtofi
gur
eo utwhatitwas・ 1
4 1
3 1
2 1
1 1
0
懸命に腕を砂場の奥底へ伸ばした 1s t
rugg
ledt
ostre
tchmyarmdown

腕を引き抜こうとしたが、右手は固定されたように動かなか った。 周囲にはだれもおら

はいくら深く腕を入れても指先は何も見 つけられない 。僕は残念な気持ちにな った。

触 れ る ほ ど 深 い と こ ろ に 、 ふ っ く ら と し て 弾 力 の あ る も の が あ っ た。 っかんで仲きhげ
のように僕とその砂場を切り取っていた。

たか!ったが、なかなか届かない 。そのかわり、砂の中で指に何かが絡み つくのを感じた 。


ついたような、小さな感触だった 。

で汚れて傷んでいたが、それは女の子の髪の毛であるように思えた。

が 何 な の か を 確 か め よ う 左 懸 命 に 腕 を 砂 場 の 奥 底 へ 伸 ば し た 。 中指の先端がかろうじて
t
ot heverybottomofthesandbox・中指の先端がかろうじて触れる

ふだんり
その直後に、手首をつかまれた 。強い力だった 。ぎりぎりと、手首がしめつけられる 。

赤 い 視 界 の 中 公 園 の ま わ り を 囲 む 高 い 建 物 は 、 ど れ も 窓 を 閉 め 切 っていて、巨もんな壁
不意に、砂の中へ入れていた右手に何かがつんと触れた気がした。魚がくちの先撒でつ

僕は献除、砂の中に腕をんれて、中に埋まっているものに触れようとした 。 しかし釘島

腕を引き抜いて確認すると、それは長い髪の毛だ った。指に何本も絡みついていた。砂
よごいたおん

なんけんめいおく
ほど深いところに downs odeeptha
ttheti
pofmym i
ddlefin
gercoul
d

ふいみぎてきさかなぜ
j
ustbare
lybrushaga
insti
t・ふっ くらとして弾力のあるもの s omething

ちよ く ご て く び っ
s
oftl
ys w
ollenandspring
y・っかんでヲ│ き上げたかったが 1w antedto
t
akeh oldofi
tandp u
llitup,but・なかなか届かない i twasj u
stout

ぬか︿にんながかみけなんぽん
ofreah・そのかわり i
c ns
tea
d・指に何かが絡みつくのを感じた 1f e
lt
somethingtwi
ningit
se
lfaroundmyfing
ers
01腕を引き抜いて確認すると when1P
1 叫ledmyarmo u
tandlook
editove
r
・それは長い髪の毛だった i twasl
ongst
randsofhumanhai
r・何本

とと
もs e
ver
als
tra
nds・汚れて傷んでいたが t he
yw e
redir
tyanddamag
ed.

おと
but・それは女の子の髪の毛であるよ うに思えた 1hadt heimp
ressio
n
th
ati
twasagirsh
l
' a
ir

LL


11再度 o
1 ncea
gain・中に埋ま っているものに触れようとした 1t r
iedt
o

ニ ていうご
to
ucht
hethi
ngthatwasburi
edinther
e・今度は t h
ist
ime・いくら

こお

深く腕を入れても nom att
erhowd >p1t
e hr
ustmyarmin・指先は何


ちから
も見つけられない myf mge
rscoul
dn'
tf in
da ny
thi
ng・僕は残念な気
持ちになった 1f el
td i
sapp
ointe
d

よく
21赤い視界の中 w
1 it
hintheredworl
dbefo
remye ye
s・公園のまわりを

そこ の な か
囲む高い建物は thetal
lbui
ldin
gsenc
losin
gthepark・どれも窓を閉
め切っていて e
veryonehadal
lit
swindowsclo
sedand・巨大な壁の
ように僕とその砂場を切り取っていた c ut
tingt
hesandboxandmeo
ff
fromt
hes
urr
oun
din
gsl
ikeanenormousw
all

まどしききょぜ山小︿

ざんねん
31不意に a
1 llo
fasudden・砂の中へ入れていた右手 myr igh
th an
d.w h
ich


wasdowninthesand・.
..に何かがつんと触れた気がした 1hadt h
e
sen
sesome出in
ghadbumpedupag
aint
s.•.・魚がく ちの先端でつつ

からかん

ゆび せ ん だ ι
き も
いたような、小さな感触だった i twasju
stasmal
lto
uc,
hasifafis
hwere
p
eck
inga
tmew
itht
het
ipo
fit
smouth
41その直後に r
1 ig
htaf
tert
hat・手首をつかまれた s om
ethin
gseiz
e dho
ld
ofmywrist・ ぎりぎりと tig
htl
y・手首がしめつけられる mywristwas
squeezed・腕を引き抜こうとしたが 1t ri
edtopu
lloutmyarm ,but・

ι

固定されたように動かなか った i tf
el
tasi
fitwerefix
edinpl
ace.and
would
n'tmove・周囲にはだれもおらず t he
rewasnoonearound,so

45 むかし夕日の公園で むか し夕 日の公園で 44
-助けを呼んでも e
venwhen1c
all
edforh
elp・声 はただ建物に周ま 冒1
I 1
9 1
8 1
7 1
6 l
S
れた公園に反響するだけだった myv o
icesim
plyechoedt
hro
ught
he
b
uil
din
g-e
ncl
ose
dpa
rk
き、 家 ー
-
, の 一寸


、 僕 、 ず、
1
51握り締めていた僕のこぶし myf i
st,
which1hadb e
enclench
ingti
ght
ly 砂 だ 奥お 砂 、ー は 砂
、,
-無理やり広げさせられた w asfor
cibl
yprie
dopen・手のひらに、小 砂 帰 の め ・
、ー 気量小 の 助手
L_ く
深志 の

さなだれかの指先の感触がした 1f e
ltthetouc
ho fthesmallt
ipsof 場 竺〉 中 か づ
さ 中 ~t
の た の ら な で を
so
meo
ne'
sfi
nger
sonmypalm・ どうやら文字を書いているらしいと傭
様f
。だ 差 し
、 だ
"

た。 だ 握与 呼ょ
は気づいた 1r e
aliz
edt
hats
heseemedtobewri
tings
om e
thing
子すそれ し る し れ り ん
1
61ここからだして g
etmeo
uto
fhe
re をれか 込 だ て か 締 しで
み し

一 の め も、
見み 以い は れ
1
71砂の中にいるだれかは whoeverwasdownt
いた w
abov
r
oteth
os
eground・. の奥深くに downi
nt
h

ot
h
er

ed
ei
ewords・地上にあった左腕 myl
ee
nt

p
e
e
h
f
s
esand・そう禽
tarm
trea

c
whichwa
hsof
e .•

.

1
2
丁 来 t残



、~、

有 て は
ニド言
か 指



U、

声I

右手首をつかんでいるだれかの手の甲に 00t heba
c kofwhoever'
shand た 場 つ 首 b僕 感 僕 た

ま をの 触 の だ
washoldi
ngmyrig
htwri
st 、 ー
は 僕 て
コ 手 カ
ま 、
ー 建
1
81だめ no 中 近3の か の し ぶ 物
1
91残念そうに僕の右手首をはなした r e
lea
sedmyhand ,seemingd i
sap. 寄ょ右 ん ひ 。し



何 ら 手 で ら 、 囲
po
inted・両 腕 b ot
harms・それ以来 a fte
rthat・砂場には近寄らな 力
、 し
、 手 ま

ミ な 首
か った 1dido
'tgon ea
rt h
esandbox・公園が壊されてマン ションにな る の 何 れ
埋 か を そ
るとき when[ 1hear
d]t h
ep a
rkwastobewreckedandturnedint
oa n だ ひ か た

つ は
れ つ ら の 公
apa
rtmen
tb u
ildi
ng・砂場の様子 を見に行ったが 1wentt otakealook た。 な 書
る か 、 力 園
a
tt h
esandbox,
but・中に何かが埋まるような深さはなかった i tdid出 し し


た の で
lo
okdeepenoughforanythingt
obeburi
edwithini
t /品~、•
。 た。 ど 無u 反は
つ 園

な の 僕 う i
理り響ん
治宝 僕

さ 壊長はり 宅5は や や すう
さ 両よ ら り る

は 指 地ち 文も 2だ
な れ 腕3 先 字じげ け
、 て
台 を 上1
で をさだ
つ マ 砂 文 書か せ っ
た。 ン 場 字 あ し
、 ら た
ン か を
てコ
て れ 。
たt
ヨ ら 書 し
、 た。

ン ヲ│ U、


き た。 腕で ら 手
な 抜 を し の
る U、 砂 しE ひ
と て 場 と ら

4
7 むかし夕 日の公園で むかし 夕日の公園で 46

一時.1IItIII …
i …
恥 蜘 御 糊 鴫 柄 欄 加 " 町b
u
制t 噌t
帽 刈dd h
e 陶伽
帽b
t陶 m加制司..'司耐,,_.
.“制叫lNtun
酬 M
t蜘・4・ry lC創相官~ M剖純白ぬ陶創幅制bhIra .....笥働側・ d
勉W 陶t...刷f蜘 n..仰 鴫 * " 腕 . 陶 情 刷 刷 物 酬h
制司、ω m闘 が 明 蜘 偽1 .,制曹噸棚It, W白・鋪備制
陶a酬 . ・ 糊 , 蜘 制 御 糊 蜘 制 " 命 胴 側ml
Ch
ao
t.
酬ShIr場制hIIf'-mem踊r ,畑地 o f制・側同町開踊
m酬 陶 咽 ・ 蜘 怖 蜘 凶 蜘 叫 抑 制 副 叫 刷 叫 e制
川 畑 出 蜘 制 防 総 匂 刷 出 川 匂 加 情 鵬 蜘 仙n
out.陶陶p
ldr
awt
..t
t剛噌,,=hIS何問時蜘峨, p
ub・
陶h
edl
ft泊94句 ICompI句制 m側 蜘 I n
pl
ctu
rtb蜘一助.....柑喝削 n
o ar
ne脚 , 伽
世田'曲。,舶 a

いしいしんじ
刈_afd
溺命町内民峨.-isー伽nny.
f
ICI
IJ明L
酬 刷 蝋i
lyc
hlr
耐..噛S 句
"
“匂
W 蜘 p.
白 nedAO
削 肺 川 棚Ino1
附 抑 制 糊 由m
句 ) ; 胸 紙 同 制 加 蜘 蜘 間 嶋IO
uro
n陶
刷 制 附 加a J
州 場 , 刷 鵬 昨W 鴫,制b-
UtHt
od'
Ien
・,1
'It
Or$y
' o
una
erb
r
刷 鴫 制 削 減 伽 噌 川 向 町.
ot
he,
rth
atI
sh
li
sh sh nJ
I
shnw
嶋 以m 愉伽輔・ I
n1部 6I
nd1
'
1均e
din
均 刷 . 胸 胸 M 旬伽腕.割削除胸宵嶋・柑・』・
n
oe伽 側 関 副 咽 御 風 削 除 制 加 叫 刷 伊ωStDI'Y'脚.
s
a川棚 "
c
wco-a戚lOr1dmcn thIn制帽旬以峨ルー崎明白鳥
曲ns.b
叩 蜘C c峨.oIft輔 栴 伽W 材側・ー創叫怖"・"柵
抑 聞nthln剖 . . . 抑 制 加 制r
・thIt州航川柳l
伽 W揃 加 伊 叫 加 錦 町 掛 川 崎 側u ・
"“
-判
刷,
.命
削.
nl
陶酬陶峨陶佑ぽ}.w.回取'ltp創 刷 削 i l
Dok
伽minS
l胸
..,蜘1 .
J
0110削 榊 除 勧 歯 制 動 鵬 働 晦 愉 愉 闘MOUI
tz
棚, 1
f 0
05.If例制附句"“ m
or.
rl刷

.
・6
刷 蹴 側s
ho
棚 、 蜘 帥 蜘c
t 輔例制旬拘r(1f抑制帽崎
伊則oIf恥白附叫""'"脚 m削除倫偶蹄恥-・加、 1
10M
{
刷 鳩 町}i I 伽 陶 枕 側 同
肉屋おうむ TheP
arr
otMeatMarket 3 2

「肉屋おうむJは“P arr
otMeatMarket"・町はずれのほこり っぽい農遭

あげながら目を真っ赤に染め、 必死になって頬をふくらませていたりした 。主婦たちは目

声がきこえてくる。
学校も昔から農道の先にあった)。 通りすがりに横目でのぞくと、 小太りの主人が、 声を

た。 けれど、 だんだんと近づくにつれ、 誰の耳にもききまちがえようのない、 あの主人の

せたコンクリートの平屋で、
みられた 。 ぼくたちは通学の途中、 かならず肉屋主人の口まねを耳にした (小 学 校 も 中

の肉は、 いい 声 で鳴いたんだ 。な
が っこ う む か し さ

﹁さあ、 牛 か い ? 牛ならこうだ、 プオオオオオッ!

﹁肉屋おうむ﹂ は町はずれのほこりっぽい農道に建っていた 。赤さびた鉄看板を真上に載


二、
adustyfarmroadatt
heedgeoftown・...に建っていた s tooda l
ong...

肉屋は町にここ 一軒しかなく、


・赤さびた鉄看板を真上に載せた w it
har u
styiro
nsig
np erc
he drig
h t
ontopofit・コンクリートの平屋で i twasaconcr
eteo
ne-storybuild.
mg・遠 目には s e
enfromad ista
nce・路線パスの待合いか、空き嫌

うし

肉屋おうむ
倉庫かなにかにみえた i tlookedl
ikeabusstat
ionorawarehousef or

にくや
めまかそ
emptybottl
esorsomething・だんだんと近づくにつれ a syoug ra
d u-
al
lydrewn eare
r・誰の耳にもききまちがえよ うのない wh ichnoone

まちのう
いっけん
coul
dp ossi
blymistakeforanyother・あの主人の声がきこえてくる

ひらや
t
hatv
oic
e,b
elo
ngi
ngt
oth
epr
opr
iet
or,
becomesa
udi
ble

つうがくともゅう

ちか
2 さあ、牛かい? s ,
o i
t
' ,
scowyouwant i
sit
?・牛ならこうだ i
fi ,
t acow
i
tl ik
eth
is・プオオオオオ ッ!な、いい響きだろう buoooooh!How'.
t
hat
!Soundsg
reat,do
esn
'ti
t?・じっさいこの肉は、いい声で鳴いたん 遠名

、 プ オ オ オ オ ッ ! プオオオオッ!﹂
ひっしほほ
だ anda
sam
att
eroff
ac,
t t
hismeathadar
ealn
icemoo 目め

あきゅう
沼円句
劃臥甘みhJJJivJ/ivivJ4J
とおよこめ

ys-
3 肉屋は町にここ一軒しかなく t
her
ewaso
nlyt
hisonemeatmarketI
n は
town,and・朝夕だいたいいつも...みられた morningandn ight...

路線パスの待合いか、 空き瓶倉庫かなにかにみえ
だれみみ
.

ろせんまちあ
coulda lm
osta lwa
ysbes een・績をさげた主婦たちの姿 h o
usewive.

:、
holdingbaskes・庖先に i
t nfrontofthestore・ぼくたちは we・通

どうた
、コ
学の途中 ont hewayt os c
hool・かならず肉屋主人の口まねを耳にし
た wou ldalwayshearthebutcherdoinghisimita
tions・( 小学校も中

14
学校も ( bo
tht heel
ementarysch oo
landt hejuniorhighschool・甘


、 能をさげた主婦たちの姿が庖先に9
から s incewaybackwhen・農道の先に a tt h
ef a
rendoft h
efarm

かごし・ふすがたみせきき
くち
road・通りすがりに a swep as
se dby・横目 でのぞくと e achtimewe な
shothim a s idewaysglance・小太りの主人が、 声をあげながら目を

いい響きだろう。 じっさいこ
真っ赤に染め、必死にな って頬をふくらませていたりした t heplump

あかてつかんぱ
あぴんそ
,h ,f

ひび
butch
erwouldbeb ello
wing i
se yesbrightred ra
ntic
all
yp uf
f l
no
uph isc heek
s・目配せしあいながら w hi
l esignal
ingtoe achot h
er

ニぷと
withthei
re ye
s し=

う こ

しE

し よ う が っ こ う ち・う



まうえの
しゅじん

5
1 肉屋おう む 肉屋おうむ 50
-にやにやと笑っていた wouldbeg rin
ning・肉を売るのと同じくらい 8 7 6 5 4
j
ustasmucha ssell
ingmeat・ぼくたち子どもの目には i nth
eeyesof

おつりをじゃらじゃらと振った 。

き缶と木箱で、ひづめの響きまで再現していた 。 まいどあり、とい って、空き缶にい れた

ちには ﹁

場 の 家 畜 小 屋 と 思 い こ ん だ こ と だ ろ う。
uskis・それ以上の熱心さで w
d i
t hevenmoreen
thu
siasmtha
nt h
at

じようごやおも
﹁ あ の な 、 乳 牛 と 肉 牛 じ ゃ な 、 声 の ふ る えがちが、つんだよ﹂
る も 己
自主

喉の皮をひっぱって主人はつづける 。

学校帰り、たまたまお客が誰もいなか

牛 に 豚 、 羊 に 鶏。珍 し く 甲 高 い い な な き 声 が 居 先 か ら 響 い て く れ ば 農 道 を い く 主 婦 た

彼の口まねは
.,s

っそり披露してくれた 。
(
i
. e elli
ngm e
at)・家畜の物まねに心血をそそいでいるようにみえた

のどかわ

かれ
がつこうがえきゃく

かんきぱこさいげん
i
tlookedasthoughhewaspou
ringhi
sh ea
rtin
toh
isdom
estican
imal よのせ
う 固めし

ぷ た ひ つ じ に わ と り めず ら か ん だ か ご え
Imi
tat
ions
ににあ

あ あ 、 馬 肉 が は い っ た よ う だ ﹂ と わ か る の だ っ た。 肉 屋 の 主 人 は 、 手 に は め た 空
ひろう
みはい

に?っ
41ほんとうに見事だった wast r
ulyamazing・よそものが前を通ったなら
えそな

u
i
fas tr
ang
erweret
opassby・まちがいなく w it
houtanydoubt・大

g
たれが

p一つにくぎゅう
農場の家畜小屋と思いこんだことだろう hewouldh a
veg o
tte
nt h
eim.
。 .
L
-
.
:
J
.~: ら

ほんと
pres
siont
hatthep
lac
ewasananima lsh
edb
elongin
gtosomel a
rge
上: に
farm の や J

熱号に

うっ
51牛に豚、羊に鶏 cowsandp igs,sheepan多chickens・珍しく甲高いい


心kや

にた
ななき声が庖先から響いてくれば ont h
er ar
eo ccasionwhenah igh・
さと

見事だ
み ごと
pit
chedwhinnycameb ur
stingf o
rthfromt heentranc
et othestore で 笑2
・農道をいく 主婦たち t heh o
us ewiveswalkingalongthefarmr oad•

肉屋おうむの主人は、

ていた 。肉を 売るのと同じくら


ーには...とわかるのだった i twouldbec learto...・馬肉がはいった
ようだ s oundsli
kesomehorsemeath ascomei n・手にはめた空き缶

。 よそものが前を通 ったなら 、まちが いなく大


と木箱で w ithemptyca
nsandwoodenb oxe
st ha
thep utonh i
shands

たりすると、
・ひづめの響きまで再現していた her epro
duc e
de venthecli
p.clo
pping
ofthe
irhooves・ まいどあり thankyouf oryourc o
ntinuedpatron.

うお主
age・とい って、空き缶にいれたおつりをじゃらじゃらと振った h e'
ds叩
giv
ingtheemptycanin
towhichhe 'dputthechangeac l
att
eryshake

61学校帰り ont h
ewaybackfroms c
hoo
l・たまたまお客が誰もいな
かったりすると i fithappenedth
athehadnocustomer
s・おうむの主 家か

うむの主人は物まねの
人は物まねのこつをこっそり披露してくれた t hepro
prie
toro
fTheP
arr
ot 畜?
woulds
ecr
etl
yletusinont het
ric
ksofh
ismimicry の
物品
71あのな ( a
ne xcla
matio
ntha
tmeanssomethingli
ke“youse
e;'“th
e ま し

t
hingis
;'“loo
k;'et
c.)・乳牛と肉牛じゃな、 声のふるえがちがうんだよ ね
mil
kcowsandmeatcows ,the
y'v
ego
tad if
fere
ntsor
toftremol
oIn にし、
t
heirv
oices 心えや
血2
'
1

てあ
81喉の皮をひっぱって主人はつづける t
hep
rop
rie
torc
ont
inu
es,p
ull
ing を
ont
hes
kino
fhi
sne
ck: そ く
.
、 そ た

、 いち
つ会﹄

だいのう
で子こ



ミ ど

5
3 肉屋おうむ 肉屋おう む 52
9 と@つちかといえば 1su
pposeyouc ou
lds a
y・草袋から空気を押し出 1
2 1
1 10 9
すような音だ makeasoundlik
eairbei
ngs q
uee
zedo
uto
fal e
ath
er

見分けかたを学んだ 。 ぼくたちの町に庖をかまえたのは 二 十 年 も 前 の こ と に な る 。

かけだったらしい 。 精肉商の親方が馬肉を買い取り、 い っぽ

な目をとじて、 彼の喉から響くふしぎな物音にじ っと耳をすませた 。

行機のエンジン、 ガラガラヘビのおどし、 名女優のせりふ、 ょ せ く る 波音

肉牛だと、 ここんところに固い脂肪がたま ってる。 だからちょ っぴり甲高い 。角笛みたい


ひと目ぽれした 。弟子入りを決めた彼は、 親方のもとでしばらく家畜のさばきかたや肉の

てみせる ﹁おうむ男﹂として世間に知られていた (ぼくはまだ生まれていなかった)。飛


bag・音色がやさしいんだ i t
'sagen
tlesound・肉牛だと w i
thmeat

﹁乳牛は、どっちかといえば草袋から空気を押し出すような音だ 。 音色がやさしいんだ。
みわまな
奥さんが庖先へ姿をみせることは滅多になかった 。くしゃくしゃの髪をした、 顔色の悪

主人はもともとサーカス芸人だった 。 この世のどんな声、 どんな音でもその場で再現し



、ー な

おうむ男が肉屋に転身したのは、 サーカスで死んだ馬を、 市場へもっていったのがきっ


cows・ここんところに r ig
hta ro
u n
dh ere・固い脂肪がたまってる

おく め っ た
2

どことなくさびしい響きになる﹂
t
her
e'sabuil
dupofst
if
ffa
t・だからち ょっぴり甲高い sot
heys
ound 女
で'
j
ustthet
ini
estb
itsh
ri
ll・角笛みたいな、どことなく さびしい響き にな

たとえ 三 十年前だとしても、 こんな女性にひと目ぼれしたなんて、 ぼくたちに


るt he
ysoundsomehowlo
nel
y,l
ik
eah
unt
ingh
orn
10 主人はもともとサーカス芸人だった theb ut
cheru s
edtobei nthecir-
cus・この世のどんな声 、 どんな音でも a nyki n
do fvoi
ce,anysor
to f

事んじ・う

おとこせけんし
soundinthisworld・その場で r ightont hespot・再現してみせる

でしい

てんしん
おうむ男J

せいに︿しようおやかたかと
「 として世間に知られていた h ewasknownt ot h
ecomm u-
nit
yast h
e“P a
rrotMan '
;whoc o u
l dre-c
reat
e・ぼくはまだ生まれて
いなかった 1w as
n'ty e
tbornt h e
n・飛行機のエ ンジン、ガラガラヘ

げ いにん

かたしぼう
ピのおどし、名女優のせりふ、ょせくる波音 t heengin
eo fana i
rpla
ne,

かわぷ︿ろ︿うきおだおと

arattl
esn
ake'
sratt
le,lin
esspokenbyaf am
o usact
res
s,ther u
sho f

まちみせにじゅうねん
wavesnear
ingt h
es hor
e・客席では o utintheaudience・みな目を
とじて e veryonewouldc l
osethe
ire yesand・彼の喉から響くふしぎ
な物音にじっと耳をすませた l is
ten,unmoving,totheamazingsounds

ものおと
th
atemergedfromh isthr
oat

めいじよゅう
1 おうむ男が肉屋に転身したのは
1 t
heP
arr
otM
an'
snewl
if
easab
utc
her

じ ょせい
・サーカスで死んだ馬を、市場へも っていったのがきっかけだったらしい
seemstoh a
veg o
ttenit
ss t
artwhenhet ookah or
sethathadd ie
din
thecir
custom ar
ket・精肉商の親方 t hebossatthemeats h
op・馬
肉を買い取り b oughtthehorsemeat・いっぽう m eanwhile・おうむ
男は親方の娘にひと目ほれした P arr
otManf e
llinloveatfir
stsigh
t
withtheboss'
sdaught
er・弟子入りを決めた彼は d eci
dingtoappren
-

いちば
っ、 おうむ男は親方の娘に
ti
cehimself
,he・親方のもとで u nderthebo
ss'stut
elag
e・しばらく
家畜のさばきかたや肉の見分けかたを学んだ s pentaw hil
el ea
rnin
g

ねいろ
howt obutche
rl i
vest
ockandr ecog
nizequa
litymeat・ぼくたちの町

かみ

なみおと
に庖をかまえたのは二十年も前のことになる ag oodtwentyyear
sh av
e

。 客席ではみ
passe
ds i
ncehesetups hopino u
rtown
2 奥さんが居先へ姿をみせることは滅多になかった h
1 isw
ifeh
ard
lye
ver

きゃくせき

つのぷえ
ap
pea
redatth
es hopen
tran
ce・くしゃくしゃの髪をした、顔色の悪い
かおいろわる

女で shewasapal
lidwomanwithrumpledhai
r,and・たとえ三十年
前だとしても e v
enifithadbeenthi
rtyyearse
arli
er・こんな女性に

むすめ
ひと目ぼれしたなんて t othin
khe'dfa
lle
ni nlo
veatfi
rs
tsi
ghtw
itha


womanl
ik
ehe
r

55 肉屋お うむ 肉屋おうむ 54
-ぼくたちにはとてもほんとうだとは思えなかった wej ustcouldn
'tbe- 1
5 14 13
li
evei
twastrue・けれとe主人はいつも陽気にふふ、るまつていた〆 l
しbutthe

手で払いおとすと彼は夏の太陽を背におおきく胸を張り、

草 地 で レ ス リ ン グ の ま ね ご と を し た。 も ち ろ ん 彼 に 勝 て る も の は い な か っ た 。二 人

分 で 庖 を 開 い て か ら 、 奥 さ ん と の あ い だ に 息 子 ま で も う け て い た 。 そ れ が ラlだ。 ラlは
がうまくいっていることは明らかだった 。 ぼ く た ち は し ょ っ ち ゅ う ラlを誘い、運河脇の

巨体の一人息子。 なんともかわった家族だ った け れ ど 、 町 に 住 む 誰 の 目 に も 、 肉 屋 お う む

は た っ た ひ と つ の こ と ば し か 知 ら な い よ う だ つ た。 授 業 中 も 、 学 校 帰 り も 、 町 な か で あ

はとてもほんとうだとは思えなかった 。 け れ ど 主 人 は い つ も 陽 気 に ふ る ま っ て い た し 自
ぼ く た ち と 同 じ 中 学 に か よ っ て い た が 、 年 は 少 な く と も 五 つ は 上 だ っ た と 思 う。
でかかっても、フォールをとるのは無理だった 。 腰 や 腕 に と り す が る ぼ く た ち を 、 軽 く 片

いさつを送られても、彼はいつだって大口をひらき、こんなふうに叫ぶ 。
butch
eralway
shada刊ver
yc heerful創
ai
r
,巳and・ 自分で庖を開いてカか、ら、

くさ ち か ふ た り さ ん に ん

ぷんひらむ

てはらなっ

ラl
動 物 の 鳴 き ま ね が 得 意 な 主 人 、 き わ め て 無 口 な 奥 さ ん そ し て ﹁ ラ l !﹂ しかいえない

牛 を 酢 た せ た よ う な 巨 体 だ っ た。 さ ま ざ ま な 声 を 自 在 に 使 い こ な す 父 親 と ち が い 、 ラ ー
どうぶつなとく
奥さんとのあいだに息息、子までもうけていた a f
terheope 叩nedhisown

st
or
民e,hee
v
刊e
,n hadaso
nw ithh 路s
】l wi
fe・それカfラ一だだ、“" L a
剖a
"(or“Ra
a正
'"

ひとり
wastheboy
'sname・ラーはぼくたちと同じ中学 にかよっていたが L aa

おくおお
wenttothesamejun
iorh i
g hs ch
oola st
herestofu,
s though・年は
少なくとも五つは上だったと,思う hehadt ohavebeenatl ea
stf
iveyea
rs

ちゅ う が く と し
o
lde
rth
anu
s
31牛を立たせたような巨体だった hehadanenormousb
1 uild
,li
keacow
someonehadstooduponi t
shindleg
s・ さまざまな声を自在に使いこ


なす父親とちがい u n
likehisfat
her
,whoturnedo
u ta
llkin
dsofv
oice
s

おも
ju
stashew i
shed・ ラーはたったひと つのことばしか知らないようだつ

あきさそ
たいよう
たL aaappea
redtoknowo nlyoneword・授業中も、学校帰りも 、町な
かであいさつを送られでも d uringcl
ass
,onthewaybackfromscho
ol,
evenwhensomeonecalle
do u
tag r
eeti
ngt
ohimi ntown・いつだって

か ぞく
むりこし
alway
s・大口をひらき、こんなふうに叫ぶ h e
'dopenh i
smouthw i
de
andshoutout,
jus
tliketh
is:

ぐち き け
む ︿ち
1
51 動物の鳴きまねが得意な主人 ab
utc
hergooda
tim
ita
tin
gan
ima
lcr
ies

すこ
す︿ い つ う え
・ きわめて無口な奥さん ane xt
remel
yt a
cit
urnwife・そして「ラー 1 J
しかいえない巨体の一人息子 andanenormouso nly
-sonunabletosay

むね
anyt
hingb u
t“ La
a!"・ なんともかわった家族 ani nde
scri
babl
ypecu ・

じ ゅぎ ょうちゅ う

じざいつかち
うで
li
arfamily・町に住む誰の目にも...明らかだった i twasc leartoa l


thetow
n'sresi
dent
s・肉屋おうむがうま くいっていることは t ha
tthing.
weregoingwellatth
eP ar
rotMeatMarket・ ぼくたちはしょっちゅう

ょう き

ラーを誘い weo ft
eninv
itedLa
atocomeo utwi
thu sand・運河脇の
草地でレスリングのまねごとをした pl ayedatwres
tlinginthep a
s t
ure
al
ongt h
ecanal・ もちらん彼に勝てるものはいなかった o fcou
rse,none
o
fu scou
ldbeathim・二人 、 三人でかかっても、フォールをとるのは無

ちおや
理だった e ve
ni ftwoorthr
eeofuswentathimatonce,i
twasimpos-
s
ibl
et os
coreap i
nfa
ll・腰や腕にとりすがるぼくたちを、軽く片手で払
いおとすと h avinglig
htl
ybrushedusasi
dewithonehandasweclung
t
oh iswai
sto rarm・夏の太陽を背に w iththesummersuna thl. 、 三人

う ん が わき
bac
k・おおきく胸を張り h e
'dst
ickou
th i
sbroadche
stand
かる
かた


57 肉屋おうむ 肉屋おう む 56
171 ...と矯しげにいったものだ g
lee
ful
lyc
ryo
ut..
.. 19
18 1
7 16
181 ラーとのレスリングは wrest
lingwithLaa・愉快だったけれども wasa

キンと砥石でこすりあげる 。動物たちは燃い柵のなかで恥えたりいなないたりしている
人は草公から亦射をだし(加の対きさや館酢はそのたびごとにちがう)、シヤ

動物たちに岳山下げをし、都に慌をかけて、能館のか昏へとみちびいていく。

ん母から﹁ばらし﹂見学を禁じられていた 。治はなにもいわなかった 。飴ルは本町で、町駅


台以はぼくをふくめ、運のいい子どもが 二、三人、艇を恥いて鵬んでいる 。ぼくはもちろ
一一一むの主人はなめし革の袋をさげ、古トラ ックででか けた。駅行間にすわるのはラ!、和
へはいるんじゃないぞ、とだけいった。

たのは、土曜日の午後、農場で行われる﹁ばらし ﹂
lo
toff un.but・それよりいっそうぼくたちの心をとらえていたのは what

農場の親!?、あれとあれ、それにあいつと制収船を恥ししめす。そばかす艇の 駅わが
t・農場で行われる「ばら しJ

ラ!1
ll
capturedourh eartseve nmoret hantha ーー可

the“'c
a r
ving
"t ha
tt ookplaceatthefarm・つま り inothe
rwords・牛 とラ

と q リングは愉快だったけれどそれよりいっそうぼくたちの与とらえてい
や豚の解体作業 t heworko fdismem ber
ingthecowsandpigs・なめ 嬉A I
し 」

t
し草の袋をさげ c arryingat an
ned-hidebag・古トラックででかけた

ょうじごごの
woulds etou tinhiso ldtruck・助手席にすわるのはラー Laawould
bet heonet ositint hep as
sengerseat・荷台にはぼくをふくめ、還の し

いい子どもが二、三人、膝を抱いて屈んでいる w h
ileinthebedo fthe っ

けんが ︿
truc
k.twoo rthreeluckyltid
s.inciu
dingme.wouldbecrouche
d.c r
a

がわふ︿ろふる

うん
dlingtheirkneesi ntheirarms・ぼくはもちろん低から 「 ばらし」見学
を禁じられていた n at
urally
.1hadbeenf o
rbid
denbymymothert ogo

ゆかい
うじ よ う お ニな

きん
watcht he三a rv
ing"・父はなにもいわなかった myf at
herdi
dn'tsa
yany-
thing・祖父は小声で、 橋へはいるんじゃないそ三とだけいった mygrand ・

fa
出e rs impl
yt ol
dmei nalowv oi
ce.Nowdo n
'tyougoinsid
e出ef enc
e.
youh ear?

191 農場の親方が、あれとあれ、それにあいつと放牧地を指ししめす po
int
-
ingoutatthepas
ture.theheadf a r
merwouldcallout
.Thatoneand
th
atone.andth
atguyo verthere・そばかす顔の農夫 af r
eckl
edfarme
r
・動物たちに目隠しをし wouldb l
indfol
dthe印 加lalS・首に綱をかけて
putaropearoundtheirn e
cks.and・解体用の小屋へとみちびいてい

、つまり牛や豚の鰍僻和製ーだった 。ぉ
くl eadthemont otheb utc
h er
ingh ut・刃物をだし t akeoutaknif
e
and・( 刃の大きさや角度はそのたびごとにちがう)( th
esizeandangl
e
oftheblad
ewasd if
fere
nte verytime)・シャキン、シャキンと砥石でこ
すりあげる honei tーshakin,sh
akinーont
! h
egri
ndstone・狭い柵のなか
でi nthecrampedpen・吠えたりいなないたりしている bel owi
ng叩 d
bray
ingand50on

キン、 シヤ
おうむの主

5
9 肉屋おうむ
肉屋おう む 58
2
01主人は刃物をさげて動物に近づく t h
ebut
cherwouldapp
roa
cht
hea
ni- 2
4 2
3 2
2 2
1 2
0
,t
mal h
ek n
ifedang
lin
gfromhishand・ しゃがみこんで耳元に口を

り、厳か一点っ︿ぼくたちはパンをたべた 。その船恥をぼくの 訟はまだは っきりとおぼえ


ている。叡間い飢のパンは、也弁取どまるで自分たちの協をかじっているような附がし

取パバる 川事がおわるとラーはそれをちぎってぼくたちにくれた。 駅りの荷台にすわ


つけ hewouldbenddownandp
u thi
smouthtoitse
ar

肉も、おうむの親子、農場の親方たちはていねいに齢いあつめ、
;ぃ

ぇ、ピ一丁ルのI

突き刺す。農場の親方がほとばしる酢をたらいで配ける 。

おまえさんらのおかげで俺たちはもうしばらく色きて
τ
14

﹁おまえさんは僻たちゃ、椛のみんなの艇のなかには

﹁おまえさんらはむだわにじゃないぞ﹂
おとなしくな った動物ののど戒に、おうむの主人は ペ船んのおいもなく、

やわらかいもので恥でるよ うな、あたたかな声でいう。

主人は刃物をさげて動物に近づく。 しゃがみ
2
11おまえさんらはむだ死にじゃないぞ y
ourd
eat
hswon
'tbew
ast
ed,h
ear
?



2
21やわらかいもので撫でるような、あたたかな声でいう h e'
dsayi
nav
oic
e

幕 に ふ り つ い た 血 の し ず く は 、 ラ lの紛えてきた駁パンできれいさっぱりふき

f
ul
lo ,
fwarmthav
oic
eli
keac
are
ssw
ithsomes
ofto
bject

・﹂﹁
2
31俺たちゃ、村のみんなの腹のなかにはいる y ou
'rego
ingt oendupi
n

-
LC

ま︿
,andt
mystomach h
es to
ma c
hsofever
yon
einthevi
lla
ge・とてもい

ぺと横たえる 小屋の術では対たちが航いでいる 。けれど、どんなくず


い栄養になるんだ y o
u'l
lbeav e
rygoodso
urceofn
utri
tion・おまえ
さんらのおかげで t han
kst oyoual
l・ もうしばら ) ab i
tl o
nge
r・生

よニ一
きていける bea blet
okeepl i
vin
g

2
41おとなしくな った動物ののと・ 元に i nt
ot hethroa
to fthea ni
mal,now
doc
ile・一瞬の迷いもなく w itho
u tamoment '
sh e
sita
tion・刃物の


切っ先を突き刺す t hrus
tt h
et i
poftheb la
de・農場の親方がほとばし
る血をたらいで受ける t heheadf a
r merwouldcatchthegushingblood
inat ub・両手で動物のからだを支え s u
pportingtheanima sbody
l
'
withb othhands・ ビニールの幕へと横たえる l aythemdownona
vin
ylc urta
in・小屋の外では犬たちが騒いでいる t h
ed ogswouldb e
rai
singar uckuso u
tsidethehut・ どんなくず肉も e ve
nt heslig
hte
st
scra
po fmeat・おうむの親子、農場の親方たちは t h
eP arro
tf a
ther 、
.

んで耳元に口をつけ、


ands on,andt heheadf armerandt herest・ていねいに拾いあつめ
ca
refullypickupandg at
her..
.and・欠片ひと つ犬たちには残さない

みみもと
lea
ven othing,notevenas i
nglepiec
e ,
forthedogs・幕にこびりつい し
、 v
'
ける

ラl民駅前で動物のからだをお
た血のしずくは、…きれいさっぱりふき取られる t hedropsofbloodcling. る 。

g
ingtot hecurta
i n..
.wouldb ecomplete
lywipedaway・ ラーの携え 。 と

m
てきた堅パ ンで w it
ht hest
alebreadLaab rou
ghta lon
g・仕事がおわ どて
ると whent h
eworkwasdone・ラーはそれをちぎって L aawouldt ea
r うも

ひとつ犬たちには舵
i
t(.e
i .,thebread)upand・帰りの荷台にすわり s itti
ngint h
ebedo ( もい

e
thet ruckont hewayb ack・厳かに黙って m aintainin
gasolemn あい
sil
ence・その風味をぼくの舌はまだはっきりとおぼえている e vennow , り 栄t
myt o n
g uest出r ememberst h
attast
ev eryclea
rly・赤黒い色のパン
刃 が 養t
物とに
は...ような味がした t hered-b
lackbreadhadaf lavo
rlike...• jj[
と のうな
脂と、まるで自 分たちの指をか じっているような味がした s alt
yandf at
ty, 切きよる
i
ttastedjustasifwewerechewingourownf inge
rs つ 」ん
先3 だ
を 。

6
1 肉屋おうむ
肉屋お うむ 60
25 夏休みがあけてすぐ soona ft
ertheendofsummerv aca
tion・ひげの 27 26 2
5
公証人 amustachioedn otar
y・肉屋おうむに怒鳴り込んできた caml

した。 それはベッドや壁どころか、家をまるごと新築できそうな金額だったけれど、息子

しかにレスリングに似ていなくもなかった 。
ラ!とくんずほぐれつするには、運河脇の 草 地 に く ら べ あ ま り に も 狭 す ぎ た 。

の 病 院 へ 運 ば れ て い た。 家政婦によれば、 ベッド際の壁には、 ハンマーを打ち付けたみ

る と 泣 き 出 す ほ ど の 臆 病 者 な の だ。公証人の娘は脳しんとうをおこし、時のまま、隣町

た。
してくれた 。 やつが今後 二度とおもてを歩けんようとっくりと思いしらせてやる 。

(
yel
lingi
ntoP
arrotMeatMarket・おたくの息子 yourson・いま裏刷


.,

ラ1) は
LVJ'h
-
、.. ‘
おうむの主人はひら謝りに謝り、公証人はひげをしごきながら慰謝料の額をはじきだ

夏休みがあけてすぐ、 ひ げ の 公 証 人 が 肉 屋 お う む に 怒 鳴 り 込 ん で き た 。 お た く の 息 子
ぴょういんはこ


U右 お お き な へ こ み が 残 っていた 。 娘 が 冗 談 半 分 に 教 え た ﹁いけない遊び﹂は、


の樫に荒縄で縛りつけてあるI' vego
thimt i
edupw it
hr opetotheolk

J J企J

なつやす
・,
-O
inourbackg
arden・まったくとんでもないことをしでかしてくれた h e
'.

- h
なお︿びょうもの

v


ラlは勝手にひとの寝床にもぐりこんだりしない 。 そもそも、 遊び場で取り残され
goneanddonesomethingpre
ttydamnunbelie
vable・今後二度とお

、 いま裏庭の樫に荒縄で縛りつけてある 。 ま っ た く と ん で も な い こ と を し で か
誘いをかけたのは娘のほうからだったと、 ぼくたちにも町のみんなにもわかって
もてを歩けんようとっくりと思いしらせてやるI'Ilg ivehimonel on,
gcar
e.
fu
lr o
ast
ingsuc
ht h
athe'lneve
rbea b
letowalkinpubli
ca g
a i
n

かつてねどこ
26 ただ、誘いをかけたのは娘の担うからだったと、ぼくたちにも町のみんな

うらにわかしあらなわしば
にもわかっていた e xc
eptthatweande veryonee ls
eintownknewt hl
l

こんごにどある
hisdaug
hterhadbeent heonet oputt h
emovesonLaa・ラーは勝

あやまいしやりょうが︿
にひとの寝床にもぐりこんだりしない Laawasn 'tthesortofguyt o80

かせいふ
aroundc re
epingint
oo therp eopl
e'sb edsu ninv
ited・そもそも 1 0

のこ
beginwith・遊び場で取り残される と泣き 出す hewouldb ursto u
l
cryin
gwhen eve
rhewasl 氏b
e ehindint heplacewherewehadb ee
n

こうしようにんどなこ
playi
ng・...ほどの臆病者なのだ hewass uchacowardt h
at. .
.・崩

いえしんちくきんが︿
しんとう をおこし s uffer
edac erebr
alc on
cuss i
onand・裸のまま、関町
の病院へ運ばれていた hadbeenb roug
htt ot hehosp
italint h
en exl
town,st
il
lnaked・家政婦によれば a cco
r dingtothemaid・ベッド
際の壁には ont hewal
lbyt h
ebed・ハンマーを打ち付けたみたいな.

じようだんはんぶんおし
ふJ J / 3 1

-
、 ・ 、

おおきなへこみが残っていた al argedenthadbeenl eft
,asifsom eonl


hadpoundedi twithahammer・娘が冗談半分に教えた「いけない

ぎわかベ

のう

J
遊び」は t he“forb
iddengam ぜt
, hattheyoungwomanhadt aughthlm

﹄ 踏み割られたベッドの上は、
halfinje
st・たしかにレスリ ングに似ていなくもなかった was ,af
ter11
1,

ムわ
n o
tenti
relyun
likewres
tling・ただし t heo nlythin
gwas・踏み剣ら
れたベッドの上は...運河脇の草地にくらべあ まりにも狭すぎた t
nowsmashedbyL
pastu
realongthec
a
a
a
'
n
a
sfeet,wass implyto onarrowcomparedt
l・あのラーとくんずほぐれつするには t
h

ebed
oth
oenglp

inanys o
rtofrough-a
nd -t
u mblew it
hLaa

あそば
27 ひら謝りに謝りmadeat
hou
san
dap
olo
gie
s,and・ひげをしごきながら
s
tro
kingh
ismoustache・慰謝料の額をはじきだした namedh ispr
lcl

うつ
・それはベッドや壁どころか、家をまるごと新築できそうな金額だった
けれど itwasanamounth ig
henoughtor
ebu
ildn
oton
lyt
hebedand
t
hewal
lbuttheenti
rehouse,andy
et


の た

63 肉屋おうむ 肉屋おうむ 62
-息子を五体満足でとりもどすため i nor
dert
oge
thiss
onbackinone 3
1 30 29 28
pie
ce・あるいは本気で娘の心痛をおも って orp e
rha
psbec
aus
eh es
ln.

寒い 戸外で連日無理をしたことが、 彼の死期そのものを早めた 。

見込みちがいをしていた。 彼 の 死 期 は 自 分 で お も つ て い た よ り ず い ぶ ん 軒 く 和 た 。

ち 慰 謝 料 分 を 稼 ぎ 出 そ う と し た の か も し れ な い 。 勇 敢 な お うむ の主人は、 ふたつの点

働 き づ め だ っ た こ と は ま ち が い な い 。 あらかじめ病気を知っていた彼は、

きびしい寒さが最後の体力を奪った、 と い う も の も い た 。 いずれにせよ、 倒
cer
elyfe
ltf
orthedaug
hteri
nhrpむn・不平ひとつもらさず w
e i
thoul

で待 ってい た主 人 はなにもいわず、 少

らさずすぐさま支払い書に署かかした 。

を五体満足でとりもどすため、 あるいは本気で娘の心痛をおもって、 主人 は不平ひとつも


はたら

'
'P
﹁ラ!﹂
みニ

v-n
その冬、 主 人が命を落としたのは、 長 年 患 っ て い た 肝 臓 の せ い だ と い う 怠慰 が あ る。

とつぶやいた 。
utt
erin
gasing
lecomp l
ai
nt・すぐさま支払い書に署名した s i
gnedthe

ラlは顔面をかぼちゃのように勘らせ、 しかし元気な足取りで肉屋へ帰 っ
﹄ nHLVJJ
たた
い しやりょうぶんかせだ

HV.

ごたいまんぞく
paymentsl
ipri
ghtaway


こがいれんじつむり

,・
ふゆ
28 顔面をかぼちゃのように腫らせ h isfac
ep u
ffeduplik
eapumpkin・ し

o 息子はうつむき、
さむさいごたいりよくうぽ

がんめんま
かし元気な足取りで b utwithaspri
nginhisstep・肉屋へ帰ってき た
camebackt
othemeatst
ore・なにもいわず w i
thoutsa
yingaword
.少し背伸びをして s to
o小upab itstr
aig
hterand・岩のようにそびえ

しはらしょしよめ、
いのちお
る肩をぽんぽんと叩いた p attedhisson
'ssh o
ulder
s,whicht ow
ere
d
abov
ehimli
keacl
if・息子はうつむき h
f i
ss onl
oweredhishead
30 とつぶやいた hemurmured
31 その冬 t
hatw
int
er・主人が命を落と したのは...のせいだという意見
がある som eareoftheopi
nionthat...
wasr e
sponsi
bleforthebutch.


tu be
er
'sdeath・長年患っていた肝臓 l ive
rp robl
e mshぜdhadf o
rmany
yea
rs・きひeしい寒さが最後の体力を奪った t hehars
hw int
err obb
e d

すこせ
し背伸びをして、 岩のようにそびえる肩↑をぽんぽん
ながねんわずらかんぞう
himo fh i
sl as
tbito fst
rengt
h・-ーというものもいた o therssald

ほんきしんつう
出at..・いずれにせよ wh ate
verthecase・倒れる日まで働きづめだ。


たことはまちがいない t he
rewasnod oubtthathehadbeenw orkl
n l
li
keamachineu nt
ilthedayhec o
l l
apsed・あらかじめ病気を知って
いた彼は a lr
eadyawaret
hathewass i
ck,he・ まだ動けるうち wh ll.

げん量あしど
びょうき
申うかん
hecouldsti
llwork・慰謝料分 enought opayt h
eamounth eowed
incompensation・...を稼ぎ出そうとしたのかもしれない p er
hapsh e

いわ
hadtriedtoearn..
.・勇敢なおうむの主人は t hebraveprop
rieto
ro (
Parr
ot・ふたつの点で見込みちがいをしていた hadmi scal
culat
edI n
tworespec
ts・彼の死期は h islas
thour・ 自分でおも っていたよりず
いぶん早く来た cameagoodd eals oon
ert h
anh eexpected・寒いJ t
外で o u
ti nthecold・連日無理をしたこと t hathewento verboard
sev
eraldaysinarow・彼の死期そのものを早めた a ctua
llyhasten
e d
hi
sd eat
h

まだ動けるう

てきた。
たおひ

hrE
れる日まで
うご
また、

てん


65 肉屋お うむ
肉屋おうむ 64
32 以下は wh
atf
olows・町医者が酒場で披露した話だ i
sas
tor
yth
e 38 37 36 35 34 33 32
townd
oct
ort
olda
tth
eba
r

たどしい口調で口まねをはじめた 。

した。 そのとき、息子のラ lが、白目をむく父親の耳にそ っと口を寄せた。 そして、

せていた 。

た。息子はなにが起きているのかよくわか っていない様子で、 ベッドの臼い枠に指を滑ら

声を出せなか った)、彼はふたりに話しかけた。すまん、 ほんとうにすまん、 と彼はい つ


ているようだつた。奥さんは表情をかえなかったが、 くちびるには堅くかんだ跡があっ
﹁おれたち、 いきていける 。 おまえさん、 むだじに、じゃないぞ﹂

﹁おまえさん、 むだじに、 じゃないぞ﹂


33 真っ背な顔で h
isf
aced
eat
hlyp
ale・寝床から f
romh
isbed・妻と息

父親はまた、 びくんとふるえた 。

主人のからだが、 びくん、 と橋のようにそりかえった 。 医 者 は あ わ て て 注 射 薬 を 準 備

肉屋の主人は真っ青な顔で、 寝床から妻と息子とを交互に見た 。 口の動きだけで (もう


同じことばをラlは何度も何度もくりかえしささやいた 。 だ ん だ ん と 彼 の 口 調 は 父 親

以下は町医者が酒場で披露した話だ 。
いかまちい
子とを交互に見た l o
oke db
ac kandf or
thfromhiswifetohisson・口
の動きだけで w it
ho nl
yt h
emovemento fhismouth・( もう声を出せ
なかった)( bythenhecou ld110 l
¥ ongerspea
k)・彼はふたりに話しか

くちょう
けた hea ddresse
dt h
etwoo fthem・すま ん、ほんとうにすまん、と彼

しやさかぱ
はいっているようだった hes eemedt obesaying,
I'ms o
rry,1rea
llyam
sor
ry・奥さんは表情をかえなかったが h i
swi f
ed idn
'tc hangeh e
r

まきお
exp
ressi
on,but・ くちびるには堅くかんだ跡があった t h
erew e
remarks
onh e
rlipswhereshehadb ittenthemh ar
d・なにが起きているのか

なんど
よくわかっていない様子で d idn'ta pp
eartoh a
vemuchu nder
standi
ng

かお

ひろうは主し
ofwhatwasg oi
ngon ,and・ベッドの白い枠に a lon
gt hewhiteframe

ひょうじよう
ofthebed・指を滑らせていた wass l
idi
nghisfin
gers

34 からだが、ぴくん、と橋のようにそりかえった h
isbod
ysu
dde
nlya
rch
ed

しろ め よ

は生
l
ikeabridge・あわてて h ur
rie
dly・注射薬を準備した g o
ttheinje
c・
t
ionr ea
d y・白目をむく父親 h i
sfat
her
,whos
ee y
e swererol
ledback

つま こ う ご み
i
nt h
eirsock
ets・...の耳にそっと 口を寄せた s o氏lypres
sedhismouth
t
ot h
ee arof
.• .・たどたどしい口調で i nah
alti
ngt o
ne

36 ぴくんとふるえた at
rem
orr
ant
hro
ughh
isbody

38 何度も何度もくりかえしささやいた w
his
per
edo
verando
vera
gai
n

ょうす

かたあと
しろ
ち・うしややくじゅんび

わ︿ す ベ

67 肉屋お うむ 肉屋おうむ 66
-父親そっくりに響きだした b egantosoundjus
tlikehisfath
er・それ 41 40 39
と問時に anda tth
esametime・父親の寝息は h isfather
'sbreathin,
g

娘 は ラ l の 子 種 を 身 ご も る こ と に な っ た 。 二番目の子どもは元気に産声をあげ、 公 証 人 は

補修工事にと、 ラl の か ら だ は ま っ た く 疲 れ を 知 ら ず 動 き ま わ っ た。 冬のあいだに、
渋々とながら、 ふたりの結婚を認めた。

引 っ 越 し を し た 。 なので、 ぼ く が 自 分 の 目 で 見 た の は こ こ ま で と い う こ と に な る 。

証 人 の 娘 の 腹 は ぷ つ く り と ふ く れ て い た 。 ぼくたち家族はその年末、 遠 い 東 の 都 会 へ と

父の息が絶えるまでささやきつづけた。
a
shes le
pt・次第に安らかになっていった g radual
1ygrewe as
ier,le
ss

そ っ く り に 響 き だ し た。 それと同時に、 父 親 の 寝 息 は 次 第 に 安 ら か に な っ て い っ た。
いかわらず庖の奥にこもり、陽に焼けた若い妻は両手を打ちならし、 お 客 へ ぞ ん ざ い に 声

の息子として、幼いころから耳になじんだせりふを、 ラlは 一心に、 おだやかな口調で、


しぶしぶ


肉屋おうむは、 お そ ら く ま だ あ の 同 じ 町 は ず れ に 建 って い る だ ろ う。 年 老 い た 母 親 は あ

友人の手紙によれば、 ラ ! と 娘 の 子 ど も は 死 産 だ っ た。 しかし翌年、 またもや公証人の

そ れ か ら ラlが 慰 謝 料 を 払 い き る ま で 一年 と か か ら な か っ た 。 昼 間 は 肉 屋、 夜は河岸の
la
bored・肉屋の息子として、幼いころから耳になじんだせりふ words

ゅうじん
t
hat,a
sthesono
fabutc
her,hehadbeena c
custom e
dt ohearingever

いき た

si
ncehewassmal
1・一心に w ithal
lhisheart・おだやかな口調で

τ がみ
i
nam ildto
ne・父の息が絶えるまで u n
tilhi
sf a
therstoppedbre a
th-

こ だね
ing・ささやきつづけた c o
ntinuedwhisp
ering

おき主
39 払いきる t
opayo
ffcomp
let
ely・一年とかからなかった i
tdi
dn'
tev
en
t
akeay ea
r・昼間は肉屋、夜は河岸の補修工事にと bydayhewasa t


t
heb ut
cher;byn i
ghthed i
dmaintenan
ceworkontheriv
erban
k ・
まったく疲れを知らず w i
thoutfe
eli
ngthesl
igh
tes
tbi
ttir
ed・動きま

吋っニんみと
わった moveda round・公証人の娘の腹はぷっくりと ふくれていた t he
n
otary
'sd a
ught
er'sstomachwasbulging・ぼくたち家族はその年末

ひや
tow
ardt h
eendo f出 atyea
r,myfamil
y・遠い東の都会へと t oac

どうじ
it
y
f
aroffinthee
ast・引っ魅しをした moved・ 自分の目で見たのはここ
までということになる t hi
sisasmuchas1sawwithmyowneyes

40 友人の手紙によれば a
cco
rdi
ngt
oal
ett
erfromaf
rie
nd・死産 as
ti
lJ
-

わか

いち ね ん
っか
b
irth・翌年 t hefoJ
lowingy
ear・ またもや y etaga
in!・ラーの子種

に ばん め げ
を身ごもることになった becamep reg
nantwit
hL aa
'
sc h
ild・二番目の

しざん

ね いき し だ
子どもは元気に産声をあげ t h
esec
ondchil
dcrie
doutvigo
rou
slywhen
twasborn,
i and・渋々とながら g rudgi
ngly・ふたりの結婚を認めた
aJ
lowedt
hetwotomarry


41 おそらくまだあの同じ町はずれに建っているだろう p
rob
abl
yst
i
lls
tan
ds


t
hee,ont
r heou
tsk
irtsoft
hatsametown・年老いた母親は [ L
aa'
sl

やす
いっしん
ん き
e
lder
!ymother・あいかわらず a salways・庖の奥にこもり h ole
dup

ねん ま つ
i
nthebackofth
eshop・陽に焼けた s untan
ned・若い委 hisyoung

よ︿とし

ひる ま
うぷごえ
w
ife・両手を打ちならしcJa psherhandstoge
therand・お客へぞん
ざいに声をかける c l
a1so
utbrus
quelytoth
ec us
tomers

とお
としお

ひがし

よるかがん
とか い

公 屋

69 肉屋おうむ 肉屋おうむ 68
44 43 42
42 うまれたばかりの赤ん坊を抱いているのは t
heoneda
wdl
ingt
henew
-
.
borni
nfa
nt・若き父親のラーだ i
sth
eyoungf
ath
er,
Laa

さまざまな物音を、 その小さな口で まね るようになる。

まねをする。 そしてき っと

をかける。
よじる幼 いからだは、 いまは亡き祖父が切り取った新鮮な肉のように、 黄色い陽ざしを浴


44 彼の深い声は h i
sdeepvoic
e・赤ん坊をあやすのにちょうどひ・ったり び

彼の深 い声 は

庖先で、うまれたばかりの赤ん坊を抱いているのは若き父親のラlだ。
ラ l ! ラl!
ぴかぴかと輝いている。 幼子はときおり父をみあげ、 らあ、らあ、 とたどた どしく口
に響く hasju
sttheri
ghtt
onefo
rs t
Oohi
ngabab
y・広いてのひらの上
でo nh
isbroadpalms・身をよじる幼いからだは t het
inybodyt
wis
t-

おきな

ふか
in
gandtur
ning・いまは亡き祖父 h isnowdec
eas
edf
ather・切り取
った新鮮な肉のように l i
kefre
shmeatjus
tcu
tfromth eanima
l・黄色

、 赤ん坊をあやすのにちょうどぴったりに響く。広いてのひらの上で身を
い陽ざしを浴び a washiny el
lowrayso
fsun・ぴかぴかと輝いている

かがやおきなご
s
hine
sbr
ight
ly・幼子は t heinfan
t・ ときおり e verysooften・父を
みあげ looksupathisfa
ther・ とたどたどしく u n
cer t
ainl
y・そして

ラl ! ﹂
きっと andnod o
u b
t・ もうしばらく経つうちに a ft
eral it
t
let i
meh
as
pa
ssed・ この世の i nthi
sw orld・あちこち h ereandt he
re・ もっと

、 もうしばらく経つうちに、 この世のあちこちで響く、もっと
ちい︿
さまざまな物音 l o
tsofotherdif
fer
ents
ounds・まねるようになる wi l
l

あか
s
tar
tmimicking

ぼう

しんせん

ひろ
暑 いろ

7
1 肉屋おうむ 肉屋おうむ 7
0
C
Ch
∞ co
畠mea
釦α
c『。s

鏑-引t憎 n
陥a問meBan n
附-制aY
畠 。s
狗 鍋h
刷i
m蜘
同 o

o一m巾 却sevenIn
J
a却p
a憎 鵠 . 鶴 海 軍h
in剛 oB
an a随一回伽e.Shei so
neof
very侮W
均 m ゆt

均抑舗副首 oswhoha
糟国旬、 h o伊 鶴 崎 風 伽u幡

tr
a情加刷、 t o w削除a nd抑制 I
nte
rnat
刷、.1伽伽棚、..Orn 蜘
.
.
r she1.
oneof糟 r
y伽wauthorsw陶 情worksInt
eml
tlo
nalaud
蜘 C蝿 a
re伽-
t
una
tee
nCM
.曜、t
ohl
vea
va凶 e恥岡崎Iat刷、.陶f倫s
l tbo
棋.附'
dt
in
{
附'c
hln
),制附・Imo
以 糊m il
l n抑 制 W愉 怜 附S仰 b
蜘 E叩 同 I
J
i
I
蜘 d
l ,
n飽 87be
伺 mearunaw刊 嶋 削 除rn刷 I
l n泊 9
1.a
nd鴨 川
ont
obet
ran
sla
ttdI
ntot
wen
ty.
ela
hto
the
rla
nau
.al
騎 .I
t
'sE噌 l
ish
tr
ans
lat
ionbli
ppe
donto舗 槍 肋w陶 * 1
1m帽加鋭倒防1
蹴 I
n19
93.
and'
t
'
l崎himo
ω 陥 shadde
帽 tedf
anse
versl
nce
.
Y
崎 h
lr
r制。,川崎 W鶴 岡min1 線y
i o
ln姐 64.臨
時四ive
dt伺 r
nan
yprl
Zl舗 toe
附 間'r
at,
.In
clud
lna
th
reeIn比aly-mostnot
ablyth
epres
tia
iou
s
M舗 c
1
999
her
ad
.Sheh
伽 蜘 畠n
・伽aent
o,wh
ichshewasaw.ωω I
踊 似 刷 同 制 『 附 刊 削t
do
ver
t糊円切削除伐抱冊 ofe
hir
tyw
鈍句s, a
or
nd
k
n
sof よしもとばなな
哨 蜘h ere
s s加m砂時r
舗 y ya
o凶 )m司附憎剖
tobepenc
何c
tio
n15p
e
恥d
市c
tf
l
n
o
.
rb
t廿I
e
al
I
n
n
t
i
叩o
n
f
lr
y
e
a
c
民Irr

de
r
e
so
e
fJ
c
li
叩a

a胸、 h
n er
Yoshimoto Banana
憎韓:Yo杭1m
仰 t
er鳴 t
opr
鳴 f脚e r
yda
y加 l p p
.ndd
oes
n'tusernan
y陥 nj
l,butSMd.nces
倫 m曜、胸 p
oss
ibi
l ・岡崎s
胸 sofJ eIrammII'I
n• w句 伽t伽 w
ri
t.
側 副ψ 由 .
ersn
制 " "m
oreo
fh
s
e
加、『曲目Y'ar
ets
tyl

r削 除 . 畑 町ommend伽鴫hiI伊胸'
n(1
9
側同
揃 . I f 抑 制 陶r
88A ,sod
prem
on蜘,)o r地 ωm i( 2
0 05The印刷,附愉 a
, r
e刷 。f rny伽 a
r
.
H儒.Y
tωmiaht. 11
0bei n
ter師 t
edIn州 剛1併 tS
;
1 hod脚, abe制 蜘l
b踊 噌 叫 “ 胸n
i ,nJ
I a
p ane個 andEn酬sho
, fy
t儲 h同 紙o's
po鴨 巾i
倫宮t削 除 .w
hi c
hw踊 似 刷i shec
l,削thpi
αures句Ha r.蜘剖剛, in
2
003.畑副市鴫s,単 128
0.地剖句銅色。個捗Ic制加 Ena
flt
h.
1he蜘YI'
vei
ncl
ude
dher
e,.Miぽ{柚m町
.)
, w踊 側 附 抱 刷
i
n伽 s
ho河 川c
r ω恥 蜘 陶 則 。 附 zen
加 納 胸l
ru(The勘dy
附 E
Kno wt
yf
hi
<噌),岡崎d同B
una
eiShun,
拘恥2
000
.
本 S
hec
han
gedh
ernamef
rom吉本ばなな t
oよしもとばなな i
nAu
gus
t20
02.
2
ミイラ Mummy
二十代になる直前の娘というものは ayo
ungwomanj
usta
bou
ttoe
nte
r

しれないな、とふと思 ったのだ った。

らと輝く消えかけた虹を見つけた 。 そし て

ちで歩いていたその夕方、 学校の帰りに公園を通りながら、 私は空 の高いところにうっす

輝きだ 。 その上、 その匂いをかぎとることができる存在というのも稀にはいる。

とがある 。 それは空にほんのい っときだけ鮮やかに虹がかかるように、 とても短い期間の

そ し て た い て い は 何 か わ け も わ か ら ず む し ゃ く し ゃ し た り い ら い ら し て い る も の だ 。ぁ

の中にす っかりとおさめている つもりになっ ているものだが、私ももちろんそうだ つた。


、 ホルモンの問題なのだろう。 しかしそのホルモンの乱れが異常に鋭敏な感位を 生むこ
かがや
薬学部に通っていた私は、 六月だというのにすでに大学に退屈し ていた 。 冴えない気持
hert we
nties・たいてい g en
eral
l芋・生意気盛りで i sasch e
e kyas

二 十代になる直前の娘というものはたいてい生意気盛りで、 世 の 中 を 自 分 の 小 さ な 頭
ゃくが︿ぷかよ

なかわたし

にじゅうだいち
she'leverbeand・世の中を自分の小さな頭の中にすっかり とおさめ

あるゅ
ているつもりになっているものだが t hinkss
he'
sgott
hewholew or
ld
n eat
lytuck
edawayinhe
rlit
tehead・私ももちろんそうだつた n
l eed
-

きみ

ミイラ
lesstosa,
ytha
t'
show1was,t
oo・たいていは i nmos
tca
ses・何かわ
けもわか らず w it
hou
tknowingwhy・むしゃく しゃしたりいらいらして

もんだい
いるものだ [ s
uchawoman]goesaroundi
nabadmood,feelingan-

ょくぜλ
そらあざに
noyed・多分、ホルモンの問題なのだろう i t
'spr
oba
bly a hormone

おも
σ
. I
m
i?!

うがた
仙 そのホルモンの乱れが異常に鋭敏な感性を生む 帥 h oω
rr
r
口r

におそん

h
uす め な ま い き ざ か
i
rrふ
e
g叫
ll
lar
itygi
ve
ωsri
setωoa
叩nex
対trao
rdωin
a

凶 r

叫i
ly白
f
inese
nsi
ゐb
il

山it
y• こι

が つこ う か え 二 う え ん と お
がある i tsometimesh叩
ap戸
pen
s山 t
ha
拭t...・空にほんのいつときだけ鮮や

ろ︿がつだい
かに虹がかかる ように l ikeab
伽ri
副l
l
山i
凶an
川trainbowst
ret
chedaμc
ros
鈴s白
t
hes均
kY



t
f
ori
u
凶 s
tth
e耐br
i
記e
たe

fs
坑tmoment・とても短い期問の郷きだ ag
low出
t
h紙a
a刊v
e可刊伽 y
かぎとることができる存在というのも稀に l


むいる t
U、 her
e紅a
r
eι,
i
げfon
ly刊
ver

、 し ば ら く は こ ん な ふ う に空を見あげないかも
r
are
l下b
ein
gsa
blet
oca
tcht
hes
cen
tofp
eop
lei
nth
ats
tat
e
薬学部に通っていた 1wa sta
kingclas
sesatacoll
egeofpharmaceu-
2
t
lC
S・六月だというのに e venthoughitwasonlyJune・すでに大学
に退屈していた 1wasa l州 boredwiths
r chω ・冴えない気持ちで
fe
elin
gdull・その夕方 onee veni
ng・学校の帰 りに ont heway


ざい
homefroms c
hoo
l・公園を通りながら a s1waspassi
ngthrought h
e

が︿ た い ︿ つ

みだ い じ
park・空の高いところに wa yuph i
ghint h
esky・ うっすら と輝く消
えかけた虹を見つけた 1n ot
icedapart
ial
lyvani
shedra
inbow,glowing
pversof
ain
tlv・ しばらくは forqui
teaw h
ile・ こんなふうに l i
ke帥
i
忌 を 動 向 い か も しれないな、とふと思ったのだった i ts truc
kme

よなかじぷんちいあた
よ う え い び ん か ιせ
まれ
s
udd
enl
yth
at1m
igh
tno
tlo
okupa
tth
esk
y

たか

吉本ばなな
みじ か き
かん


J
ミイラ 74
7
5 ミイラ
31予感は当たっていた t hatpremoni
tio
nwasr ig
ht・私はその日...青年 8 7 6 5
4 3
に連れ去られるようにして軟禁され t hatveryday,1..wass
. or
tofle
d

分転換に散赤に出たんだ、 と香 った 。

た。
青年だっ た。島がかきだな、とは計から思っていて館でおう九必ずあいさつくらいはし
of
fbyayoungmanandkeptinas t
ateofconfinement・公園で出

けていて、めゆねそかけたゃれ県でちょ っと も て そ う な 怠 新 恥 の あ さ ん タ イ プ ー

して いて年
﹁先月 ここ で殺んがあ ったんだよ

ぷんてんかん

﹁こん ばんは 。
と彼は 言っ た。

私は無邪気に声をかけて、頭を聴くれげた 。彼かは
会った、近所に住む顔見知りの青年 ayou ngman1knewbys ig
ht,
who 去さ

私は回一ーとい J一っその新制を、対山
せ人 げ つ き つ じ

予感は当た
よかん
l
ivedne
arドa
b ndwhom1r anin
toi
,nt hepark・ しばらく家には帰れ ら
なかったのである 1wasu nab
letoたt urnhom efo
rsomet i
me れ

む じゃ き 二 え 、 ,

た じま

t' l
ん置で、


41私は凹島というその青年を...しか知らなかった a l1knewabo
uttha
t

に駅伝はエジプトに作っているMだとい う ことし か飢らなかった。よくかに


youngman,
whosel
as ,
tnamewasTajimawas...・大学院生だという っ

dtt
ことと t h
athewasagra
dua
testu
dentan d ・遺跡の発掘の手伝いの つ

t
バイトをしていて年に半分はエジプ ト』 こ行っている人だということ t ha
the して
wasaguywhohadap art-
timejobh e
lpingexcavat
ea nci
entr u
ins, てい
ands pe
nth a
lfofeveryyearinEgypt・よく日に焼けていて hehada
軟 fた

、2 ' i
LFF
書多量

私はその日、 公園で出会 った
フZてん
deeptanand・めがねをかけたやさ男で wasad elica
telyfea
turedman さ
whoworeg la
sses・ちょ っともてそうな家庭教師のお兄さんタイプの背 れ

しばらく家には帰れなか ったのである 。
年 ayoungmanofthen ic
e-young-
man- who-wor
ks-as-a-home-tu
tor
-



and-
Iooks-
like-
he'd-
be-p
retty
-popula
r-wit
h-th
e-gir
lstype・ 目が好き

町駅釘だ と いうことと恐慌の依拠の手向いのバイトを
だな、とは普から思っていてI' da lw
aysthoughthehadg orgeo
u seye
s
and・道で会うと必ずあいさつくらいはした 1al way
ss aidhiwhenwe

いえ
passe
dont h
estree
t

61私は無邪気に声をかけて 1c alledoutcas
ual
lytohimand・頭を軽く

であ
下げた lig
htl
ybowedmyhead ・今論文 を書いていたが気分転換に散

れす
少し笑 って
歩に出たんだ、と言った I ' mwritin
gapaperr i
gh d1cameo
tno川 an ut

、 近所に佳む脇島俳りの 前例に恐れ

f
o ,
rawalktogi
vemys
elfabreak,hes
aid

わら
71先月ここで殺人があったんだよ t
her
ewasamurderher
ela
stmonth,

きんじ よ r
youknow

、 今論文を書いていたが俳p
いまろ ん ぶ ん か

jjs n・
L即
77 ミイラ
ミイラ 76
9 あぶないからひとりで歩かないほうがいいよ yous ho
uldn'tbewalking 18 17 16 15 14 13 12 1
1 10 9
a
lon
e,i
t
'sd
ang
ero
us・送ってあげようかえwantmetowalkyouhome?

は読み取っていた 。

その時、 私が首に手をやった時の彼の目の中に、 私は数時間後の自分の運命を、 ほんとう

人をばらばらにできそうな道具もあるし

﹁そうらしいよ 。首だけ見つからないって 。﹂

﹁ばらばらになったの? 死んだ人は 。﹂

でつん、 うちの大学にも聞き込みがあったよ 。僕 達 は よ く 夜 中 に 研 究 室 に い る か ら な。

﹁犯人はまだつかまってないんですか?﹂

﹁あぶないからひとりで歩かないほ、つがいいよ 。 送ってあげょうか?﹂
10 あんたがあぶなくないという保証がどこにある w
ho'
stos
ayy
ou'
renot

彼は 言 った 。

私は 言 った。
これから起こることに関するほとんどの情報は実は前もって知らされているものだ 。

あんたがあぶなくないという保証がどこにある、と私は思ったが口には出さなかった。

はんにん


dangerousy
our
sef・口には出さなかった 1d
l idn
'tspeakt
hes
ewords


・・
1 犯人はまだつかまってないんですか?t
hec
ulp
rith
asn
'tbeenc
aug
hty
et?


1

﹂。 おかんじよう
3 うん y
1 eah・うちの大学に t
omyu
niv
ers
ity・聞き込みがあったよ they
cameandq
uesti
onedpe
ople(
l
i,
.
t‘'t
her
ewerei
nqu
iri
es"
)・僕達はよ
く夜中に研究室にいるからな b ecaus
ewe'r
eoft
eninthelaba
tnight

︿び

.人をばらばらにできそうな道具もあるし andwehavet ool
sth
atlook
li
keth
eycoul
dbeusedtoc
utpeo
pleup

15 ばらばらになったの? i
twasc
utup?・死んだ人は t
h ,
ebody1mean?

be
どうぞ
16 そう らしいよ a
ppa
ren
tlys
o・首だけ見つからないって 1h
ear
dth
ey'
ve

-
founde
ver
yth
ingbutt
hehead

ほ し よう ︿ ち
18 これから起こることに関するほとんどの情報は almo
s tal
lt h
einforma
-
ti
ona boutwhatisgoi
ngt ohappeninthef
utue・実は i
r nfac
t・前



もって i nadvance・知らされているものだ wet endtoknow( lit
.
,“it

なか
ten
dstobeknown")・その時、私が首に手をやった時 j ustthe
n,when
1rais
edmyhandt omyneck・彼の目の中に、私は数時間後の自分の

ほう じ つ ま え
運命を、ほんとうは読み取っていた t het
ruthis1hada lrea
dyread,in

ぼ くたち ょ

お︿
hi
se ye
s,thefat
ethatawa
itedmej us
tafewhourslate
r

す う じ かん ご じ ぷ ん う ん め い

止か け ん
きゅ うしつ
79 ミイラ ミイラ 78
9 タ闘のせまる公闘で i
1 nth
epa
rk,uponwh
ichduskwasd
esc
end
ing 23 22 2
1 20 19
.殺人犯と顔見知りという安直な比べ方を七て 1madet het oo-s
imple

な ふ た り だ け の 世 界 に 向 け て 降 り て 行 く 途 中 だ っ た の だ。

きつけるものをかぎとったのだろう。 もしも私が野生生物だったら、 とっくに逃げ去って

情できるというのもついていった理由のひとつだ 。私は多分、 その目の光に何か自分をひ

は 彼 を 選 び 彼 と 並 ん で 歩 き だ し た の で あ る 。 人間には発情期はない、 年 中 瞬 間 的 に 欲

そんでいるかもしれない殺人犯に一瞬おびえ、 理 性 的 な 判 断 を し た つ も り に な っ た 。 私
comparisono fmurdereranda c
quaintanc
e,and・閣にひそんでいる

いただろう。 生 命 の 危 険 を 読 み 取 っ て 。 し か し 単 な る 鈍 い 人 間 の 女 で あ った私は、
品乞レふ T
﹁僕達はこのまま別れちゃいけないと思うんだ 。﹂
目が真剣だった 。 私は 言っ た。

家の近くで彼は突然言い出した 。

しかし遅かった。 その時にはもう、 暗い木々のシルエ ット の 中 で 私 達 は も っと 真 っ 暗

しかし、 タ閣のせまる公園で、 殺人犯と顔見知りという安直な比べ方をして、 閣にひ


かもしれない殺人犯 t hemurdererwhocou l
dbel ur
kingi nthedark・

めしんけんわ
.
.に一瞬おびえ s eize
dm omen
t arilywithfearof...・理性的な判断

レシ}ーしれ 。 逃げるチャンスはその瞬間だけだったのに 。
ちかとつぜん
をしたつもりになった 1camet obeliev
e1hadmadear a
tionaldecis
ion

えらなら
おそ
・私は彼を選び彼と並んで歩きだしたのである 1c hosehim ,andstar
ted

ゅうやみ
wa
lk in
ga l
on g
s id
ehim・人間には発情期はない、年中瞬間的に欲情で

せいめいきけん
きるというのもついていった理由のひとつだ t hefactt h
atwehumans

せかいむおいとちゅう
havenom atin gseasonandc anfeeldes
irerigh
taway ,atanyt imeof

わか
th
ey ear
,alsoexplain
swhy1wentw ithhim・その日の光に i ntheway

たし
h
ise y
esgl悦e
i red・何か自分をひきつけるもの s omethingthatatt
ract
ed
me・...をかぎとったのだろう 1musth avesensed...・ もしも私が野
生生物だったら i fIhadbeenawi ldanimal・ とっく に逃げ去っていた
だろうI' ms ure1wouldh avebeenl onggonebyt hen・生命の危険を
読み取って s ensingtha
tmyl ifewasi ndanger・単なる鈍い人間の女

りゅう

さつ じん は ん あ ん ち ょ く く ら か た
いっしゅん
であった私は a sas imple
,dull,humanf ema
le,1・発情をよしとした
chosethedesiretob re
ed・逃げるチャンスはその瞬間だけだったのに

くらきぎわたしたちまくら
eventhought hatmomento fferedtheonlychance1hadt og etaway
20 しかし遅かった b
uti
twast
ool
at
e・その時には byt
hen・稽い木々

にんげんはつ
のシルエットの中で amongt
hetr
ee
s'd
arksi
lho
uet
tes・ もっと真っ暗な

たんにぷお人主

りせいてきはんだん
ふたりだけの世界 ane v
endar
kerworl
dthatbelo
ngedonl
ytous•

や せ いぜいぷつ
...に向けて降りて行く途中だったのだ 1wasd esc
endin
gint
o...
21 家の近くで彼は突然言い出した a
llo
fasudden
,whenweg
otn
earmy

じ ようき
h
ous
e,h
esp
oke
22 このまま別れちゃいけないと思うんだ 1don
'tt
hin
kwec
anj
usts
ayg
ood
-
b
yel
iket
his
23 目が真剣だった t
hel
ooki
nhi
sey
eswasdeads
eri
ous

ひかり

ねんじゅうしゅんかんてきよ︿

やみ
発き

;
8
1 ミイラ ミイラ 80
24 また会う約束をするとか?そういうこと?~e s
hou
lda
gre
etomeeta
gai
n, 28 27 26 25 24
i
not
herw
ord
s?I
sth
atwhatyo
umean? 、

味のある点は 。 ふたりが駅前かどこかの喫茶庖で待ち合わせている光景なんて全く浮かば

違った 。
何か私の魂に触れるものがあ った 。

なかったし、 ばかばかしく思えて、 私は立ち去ろうとした。


た。情 熱 が 伝 わ っ て き た。その情熱は今まで感じたことのない気持ちが悪い熱だったが、

た か っ た の か も し れ な い 。 そ の 時 私 は ど う し て も 彼 と 体 の 一部 を 触 れ あ わ せ て い た か っ

ちが

﹁また会う約束をするとか? そ う い う こ と ?﹂
﹁待って、見てほしいものがあるんだ
25 彼は私の好きなタイプでは全然なかった h
ewa
sn'
tmyt
ypea
tal
l・話 てれ

彼 は そ う言 って、 人気のない夕方の路地で私を抱きすくめた 。古いセーターみたいな枯

彼は私の好きなタイプでは全然なかった。話も全然合わなかったし、興味の対象も
彼の部屋は倉庫のように広く、 実 際 大 家 さ ん の 家 に あ っ た 蔵 を 改 装 し た 部屋だ と い う
も全然合わなかったし、興味の対象も違った weh adnothi
ngtotal
k もた

じ よ うね つ っ
ab
out
,andwew
erei
nte
res
tedi
ndi
ffe
ren
tth
ins・ただ i
g twasj
ust・ 長与匂

へやそうこひろ
くい

たまし い
並んでいる時の、何かに包み込まれるような感じ t hefe
eli
ng1hadwhen

てん

JJJJ
--Z
wew e
res t
andin
gb es
ideeachoth
er,asif1w e
r een
velo
pedins ome
- なが

やくそく
F
っし


- 並んでいる時の、 何 か に 包 み 込 ま れ る よ う な 感 じ :
thi
ng・それだけだった。興味のある点は t h a
t'
sa litwas.Theon ly
てた
thi
ngabouthimthatinte
res
tedme・ふたりが駅前かどこかの喫茶脂 し 。
で待ち合わせている光景なんて t heimageo fthetwoofu
sm eeti
ngup ま っ
-

ひとけろじだふるか
atacaf,
einfron
to fthetra
inst
atio
no rsomewhere・全く浮かばな つ し

かったし、ばかばかしく思えて j us
tw as
n'tcomingt omea tal
l,andit て

えきまえきっさてん
seemedsorid
icul
ousthat・私は立ち去ろう とした 1madet oleav
e 早早い
くか
26 待って、見てほしいものがあるんだ w
ait
,Iv
'eg
ots
ome
thi
ng1wantyo
u すな

ぜんぜんはなしあきょうみたいしょう
t
ose
e まか
せ っ

じっ さ いおお や
27 人気のない夕方の路地で t
her
eint
hed
ese
rte
d,duskya
lle
y・私を抱 てた



きすくめた heh uggedmet ohim・古いセーターみたいな枯れた匂い しら

つっこかん

がした 1n o
tice
daw ithereds mell,li
keanoldsweate
r・ついていかな ま

いずれはつけまわされて殺される、 いずれにし
かったら i f
Idon '
tgow ithhim・いずれはつけまわされて殺される1'1 お
endupb eings
talkedandk illedeventu
ally・いずれにしても長くなっ っ

私はそう思った。 いや、 単についていき


てしまう t h
iswi
lljustdragonanyway・早 くすませてしまおうI' dbet-


いえ
te
rj u
sthurryupandg eti
to verw ith・いや no ,cometot h
inkofit

あこうけ
・単についていきたかったのかもしれない maybe1j u
stwantedtogo

からだいちぷふ
withhim・どうしても nom atterwhat・彼と体の一部を触れあわせ
ていたかった 1w antedtoh av epartofmybodyi nc on
tac
tw i
thhis・

︿ら
情熱が伝わってきた 1c ouldf ee
lh ispass
ion・今 まで感じたことのな
い気持ちが悪い熱 ar ep
ulsiveh e
a t
,unli
ke叩 ythin
g1hadeverfel
tun
til

;:それだけだった 。 興
かいそう

ころ
now(lit
.
,“thelik
eso fwhich ,upu nt
ilnow ,1hadneverf
el
t")・何か
私の魂に触れるもの s ome t
hi ngt h
attouchedmys ou
l

いま
わるね
28 彼の部屋は倉庫のように広く hi
sapa
rtmen
twasasspa
ciou
sasasto
re-
hous
e・実際大家さんの家にあった蔵を改装した部屋だということ


だった hesai
ditactu
all
ywasar emo
deleds
tore
houseth
atus
edt o

ったう
st
andont
helan
dlo
rd'
sprop
erty

83 ミイラ ミイラ 82
-天井が高く、はしごがあってロフトがついていた t h
eceil
ingwashigh, 33 32 31 30 29
andtherewasal adderanda1 0
ft・私はその中にぽつんと座っていた

とにつきていて、 私 を 楽 し ま せ よ う と い う 考 え は あ ま り な い よ う だ つ た 。 あ ま り の し つ こ

座 っ て い た。 彼はコ ー ヒ ー を い れ た。 お 湯 で 窓 が 曇 る の を じ っ と 見 て い た 。 部 屋 の 中 に
が ら 思 っ た。

は 気 味 の 悪 い 置 き 物 が た く さ ん あ っ た。 エ ジ プ ト の 古 代 の お 墓 か ら 出 て き た よ う な も の
1wassiUingalalonet h
ereintheapar
tment・彼はコーヒーをいれた

こ と だ っ た 。 天 井 が 高 く 、 は し ご が あ っ て ロ フ ト が つ い て い た 。私 は そ の 中 に ぽ つ ん と
すわ
﹁後にしよう。﹂

﹁見せたいものって。﹂
仕し

私の内心を見抜いたかのように、 彼 は 私 を た た み の 上 に 押 し 倒 し た 。

私は 言 った 。 どうせお互いにやることしか考えてないのに、 くだらない質問だ、
hemadec off
ee・お湯で窓が曇るのをじっと見ていた 1w atc
hed,mo・

あと
方 2私


ti
onle
ss,asthewindowsgrewf ogg
yfromthehotwat
er・気味の悪い 。

おも

みお
もは

つぼや、矢尻のようなものや、ワニの頭の石像や、土器のかけらのようなもの 。
ないしん
置き物 c reepyobjec
ts・エジプトの古代のお墓から出てきたようなもの
・ 彼

な に ひ と つ 好 き で は な か っ た。 彼 の 欲 望 は 挿 入 よ り も 何 よ り も 見 る 、 と い う こ
thi
ngsthatseemedt ohavecomeo utofananc
ientEgypt
iantomb の
つぼや、 矢尻のようなものや、ワニの頭の石像や、土器のかけらのような 体

て人 じよう
みぬ
もの u rns,thingsthatlookedlik
ea rro
whea
ds,as to
nes t
atueofa つ

や じりせ
cro
codil
ehead ,andwhata pp
earedtobefragme
ntsofe arth
enwar
e き

もの
pot
s も

すよ

している時の顔も、 ビ デ オ で 勉 強 し た よ う な し つ こ い セ ッ ク ス の
たの
9 見せたいものって w
2 hati
si
tyouwantedt
oshowme?

たがかんが
30 どうせ an a
戸Iyy・お互いにやることしか考えてないのに e
vent
hou
gh
n
eit
heroneofu
shasa
nyth
ingi
nmindb
utg
ett
ingiton・ くだらない
質問だ w hatas
tup
idqu
est
iont
oas
k・我ながら i f1sa
ysomy
sel
f
31 1~~こしよう let'ssa
vet
hatf
orl
ate
r

かお
32 私の内心を見抜いたかのように asifhehads
eenin
tomyhe
art・彼は


私をたたみの上に押し倒した hepushedmedownont
oth
etata
mi

まど
33 彼の体つき h isbui
ld・ している時の顔 h ise
xpres
sionwhilewewere

︿ぼう
doi
ngit・ビデオで勉強したようなしつこいセ ックスの仕方 t h
ei n
sis
-

きぞ う ど

くも
t
entwayhehads ex,
asifhehadl e
arnedfromwatchin
gv ide
os・な

そう にゅ う

ベんきょう

こ だい
うえおたお
にひとつ...なかった t h
erewasntas
' i
ngleth
ing・彼の欲望は挿入よ
りも何よりも見る、ということにつきていてぬo v
ea l
lelse,moret h
an
en
terin
gmeo ranythin
gelse,
hisdes
irewasf o
cusedonl oo
king
,and


・私を楽しませようという考えはあまりないようだった hed idn
'tseem

はか
p
artic
ular
lyi
nte
ntong ivi
ngmep le
asure

しつもん

我2

8
5 ミイラ ミイラ 84
-あまりのしつこきに思わず何回も絶頂に達した hewass oper
sis
ten
t 37 36 35 34
th
at1foundm yse1
fc l
i m
axin
g,tim
ea f
tert
ime・それは t
hat[p
1ea-

えず、

う で も よ く な っ て 水 際 に 寝 て い た 時 の あ の 気 持 ち。 一度身をひたすまでは嫌悪があるの

着の中にどんどん砂が入ってきて、 後で面倒臭いということがわかっているのに、 もうと

取ったらまつ毛が長かったことも、 くっきりと日焼けしていることも、 いやならいやなほ


ら か く 水 を 含 ん だ 砂 が 体 の 下 で 揺 れ る よ う す。 その感触はと